僕の人生の不思議なシンクロ/2人のヒデタケ~英剛と偉丈

この記事は約5分で読めます。

突然ですが、あなたの身近に「ヒデタケ」
という名前の人は何人いますか?決して、
よくある名前ではありませんよね。僕は、
ヒデタケさんとの出会いで人生が大きく
変わったのですが、そのヒデタケさんを
紹介してくれたのも別のヒデタケさんでした。

今回は、その「ヒデタケ」にまつわる物語。

物語は10年前に遡る

一人目は、よく生きる研究所の榎本英剛さん
(以下「ヒデさん」)。もう一人は、かれこれ
20年近くの付き合いになる友人・石丸偉丈さん
(以下「タケさん」)です。

僕は、3年前の9月に、ヒデさんが開発した
「天職創造セミナー」という不思議な名前の
ワークショップに参加させていただいてから、
我ながらユニークな人生を歩み始めました。
冒頭にも書いた通り、そのワークショップの
ことを僕に教えてくれたのがタケさんでした。

今にして思うと、10年ほど前に抱いた予感が
実現したんだなって思います。

バイトで苦境に立たされる

物語は10年前に始まります。その頃、僕は
ロンドンに語学留学をしていました。あの
リーマンショックの直後で、ポンドが
かなり下落してはいたものの(僕にとっては、
リーマンショックがプラスに働いたんです)、
生活費の足しにしたいと、日本人が経営する
現地の寿司屋でバイトを始めました。

皿洗いと、簡単な調理補助が僕のポジション。
そこで僕は、なかなか仕事が覚えられずに
苦心していました。間が悪かったのです。
何をするにも、ワンテンポ遅れてしまう。
結果的に、言われないとできない人状態に
なっていました。

キッチンの板前さんの一人に、気の荒い方
(以下、Aさん)がいて、僕の動きが緩慢だと、
すぐに怒鳴ってきました。かなりの大声で。
お店は、客席の奥にキッチンがある構造でしたが、
恐らく、客席のほうにも響いてたんじゃないか
と思います。

僕自身は、HSPなこともあり、大きな声と、
怒鳴られているということに委縮してしまい、
緩慢さを改善することができないという
悪循環を起こしていました。つまり、毎回、
怒鳴られていました。

「何で、他の社員さんは何も言わずに
 黙っているのだろう。」

たった一言のアドバイスで形勢逆転

そんなことを心の片隅に感じながら、
解決策を見いだせない僕は次第に心を
マヒさせていくしかできませんでした。

いつの日か、Aさんに怒鳴られても、まるで
他人事のようになっていたと思います。

辛いとも感じなくなっていった。

そんな膠着状態が続く中で、唐突に状況が
動きます。

数人いる板前さんの中で、一番接点の
無かったある板前さん(以下、Bさん)が、
フッと僕に耳打ちをしてきたんです。

「もっと〇〇を使ったら良いよ」

そのアドバイスに僕はハッとしました。
正に、そこを一番使ってなかったからです。

その直後から、我ながら劇的に自分の動きが
変わりました。どうしても仕事がワンテンポ
遅れがちだったのが、逆に2歩3歩先読み
して動けるようになったんです。
まるでフロー状態。

その後、僕を連日怒鳴っていたAさんに
怒鳴られることも無くなり、気が付いたら、
一番、僕に話しかけてくれ、可愛がって
くれる方になっていました。その人なりに、
僕のことを気にかけてくれていたのだと、
今だから分かります。

帰国の時に予感した

その、僕に見事なアドバイスをしてくれた
Bさん。彼が、2人のヒデタケの一人、
タケさんと風貌や雰囲気が似ていたんです。

気の強い姉さん女房がいる恐妻家である
ところまで共通していました。
(なんて書いたら、タケさんに怒られるかな?笑
 今のタケさんは、新たなパートナーを得て、
 むしろフラットな関係を築いています。)

その後、僕自身の帰国が決まり、バイトも
辞めることになった時、それまでの日々を
思い出して、僕は一つの予感を抱きました。

「帰国後の人生は、もしかしたら、タケさんが
 僕の運命を変えるキーパーソンになるのかも」

ヒデタケがヒデタケを繋いでくれた

その帰国から約6年後、僕の離婚を期に、
東京の西にある、くにたちという街の
タケさんが住むシェアハウスに僕も
入居することになります。タイミング良く
空室が出てくれて。

翌年のある日のことです。
共有のキッチンで寛いでいたところに、
タケさんがフラッとやって来て、1冊の
本を、僕に合っているんじゃないかって
紹介してくれました。それが、もう一人の
ヒデタケであるヒデさんの本でした。

タケさんの仕事の関係で、ヒデさんと
知り合う機会があったことが
きっかけだったそうです。

そうしたご縁で参加したのが、冒頭に
書いた「天職創造セミナー」です。
そこでの気付きが、僕をして会社員を辞め、
コーチングを軸とした生き方へとシフトする
きっかけとなりました。

奥多摩への移住の時も、実は凄い葛藤を
味わっていましたが、そこでも、ヒデさんの
発信に背中を押される形になりました。
(ヒデさんにしてみれば、特に僕に向けて
 発信したわけではもちろんないですが。)
もしヒデさんがいなければ…という想像も
容易についてしまいます。そして、今に
至るまで、ヒデさんの発信は、僕に
インスピレーションを与え続けてくれています。

こうして、10年前の予感は成就したのでした。

参考リンク

▼ヒデさんのウェブサイト

よく生きる研究所 榎本英剛オフィシャルサイト
「これからの生き方」を提案する、榎本英剛のホームページ。「目次」から、当サイトの主なコンテンツをご案内しています。

最後に

僕の身近にヒデタケという、珍しい名前の
人物が2人います。その2人が2人とも、
僕の人生にトップクラスで影響を与えて
くれています。それにまつわる物語を
書いてみました。

ちなみに、タケさんも、ある種の同志と
しての繋がり、関わりがあります。その
内容については、このブログの主旨とは
異なるので割愛します。でも、彼を頼って、
くにたちに引っ越してからコーチングとは
別軸で広がっている仲間は、ヒデさんから
得ているインスピレーションを補完して
くれる人々ばかり。

しかし、同じ名前なのに、ニックネームが
違うというのは面白い。書く上でも、
とても助かりました笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました