システム感情片付け術 by 小笠原和葉|自分のカラダを入口に心地良く暮らすためのレシピ

この記事は約4分で読めます。

この本を手にしたきっかけは、著者が
スピーカーとして登壇したのウェビナーに、
友人に誘われて参加したことだった。

彼女から語られる奥深い視点に感銘を受け、
そのボディーワークの素晴らしさに感動
したことがきっかけでした。

本書を手にした当時、体調が優れない日々を
送っていた為、藁にもすがる想いも。でも、
そのことが返って、この本からの沢山の
恩恵に浴することになり、結果として、
僕の人生にとって欠かせない1冊になった
と今は感じています。

現代人はココロが炎症を起こしている

情報化社会などと言われるようになって
久しいですよね。

そんな状況の為に、情報や刺激が過多に
なっているというのは、多くの方が実感
していることだと思います。

筆者は、この為に、現代人はココロが
炎症を起こしているような状態になって
いる
と述べています。

ふむ、深く納得。

ココロとカラダは繋がっている

もう一つ。

ココロとカラダが繋がっている。

これも多くの方が実感していることと
思います。

この本は、そのココロとカラダの繋がりを
逆に利用して、感情を片付ける
、つまり、
ココロの炎症を治めていくテクニックなど
を提供してくれています。

具体的には、「炎症を起こした」感情から
少し距離を置くこと。炎症を分析したり
戦ったりすることはせず、ただ片付ける
という提案をしています。

また、片付けを促すボディワークも多数
紹介されています。

どれも簡単なのに、すぐに効果を実感できる
ものばかり。

心地良さを感じるチャンネル

それが自分にとって本当に心地良いのか、
不快なのかを感じるチャンネルはすっかり
オフになってしまって…。

本書p.198より

この筆者の嘆きは本当に深く頷かされます。

個人セッションなどで、色んな方のお話を
伺わせてさせていただく中で、多くの方が、
こういう状況になっていることを痛感します。
もちろん自分自身にも心当たりが多数。

まずは、心地良さに気付く能力。

次に心地良さに留まる能力、
心地良さを丁寧に感じ取る能力。

そして、不快を探すループから脱して
新しい不快を作らないこと。

ネガテイブの罠から抜け出す

「不快を探すループ」というところで
少し補足しますね。

例えば、肩こりが気になってマッサージなどを
受けて、それが楽になったとします。

心地良さに留まる能力が使えていないと、
ここで無意識のうちに新たな不快を探しに
行ってしまうことがあります。

これが不快を探すループ。

「肩は楽になったけど、膝に違和感がある」
となって、次に
「膝は楽になったけど、そういえば胃の
 辺りが重い」
などと、次々に不快を探しにいってしまう
ことを、僕はよくやってしまっていました。

こういうのを筆者は「ネガテイブの罠」と
呼んでいるそうです。

そんな罠に知らず知らずに入ってしまったら、
「おっと!」って、そこから抜け出すことが
できる。

リソース・リストを作ろう

ちなみに、こちらに貼った記事は、この本の
提案を実行してみたものになります。

リソース(自分を元気にしてくれるもの)が
見つかるほどに感情の片付けが楽になります。

あわせてどうぞ

小笠原和葉 公式HP|Just another WordPress site
Just another WordPress site
kazuhaogasawara|note
ボディーワーカー/代替医療から現代医学まで幅広く学術・臨床研究を深め新しい健康観「健康3.0」を探求しています。宇宙物理学→ボディワーカー→医学部大学院研究生という謎キャリアを熟成中

最後に

小笠原和葉さんの『システム感情片付け術』の
読後の感想を書きました。

体に余計な緊張が無く、楽な呼吸ができて
いれば、基本的に幸せでいられます。

この本で紹介されている内容を日々に取り入れ、
体ともっと仲良く、心地良い関係を築いて
いきたいです。

著者は、本書の中で、こんなことも述べています。

カラダは、もともと自然に治る力を持っているもの。
感情はエンターテインメントで楽しむもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました