ど真ん中で生きる

HSP

HSPな人/内向的な人はゴロゴロすることを許してあげよう|コーチング的にみるゴロゴロの許可

HSPの傾向がある方や、内向的な性格の傾向がある方は、そうではない方々と比べて、休息が必要な要素があります。 「ただゴロゴロする」ような時間です。 でも、それを自らの性質が妨げてしまうという悪循環に陥りがちになる傾向があります。 まずは、休むことに自分に許可を出してあげるところから始めましょう。

コーチング/心のこと

五感暝想のススメ〜今ここの感覚を育む瞑想法

僕は20代の頃から瞑想が身近にありました。様々な手法を学ばせてもらっていて、シンプルな呼吸法だけのものから、ヴィパッサナー暝想のような割とハードなものまで。はたまた、まるで祈りのようなものまで。 その中でも、僕のクライアントさんによくお勧めするのが「五感暝想」です。自身のコンディションを整えて、同時に自分の深いところとの繋がりを作り易いからです。

コーチング/心のこと

自分のど真ん中に繋がることは、徹底的に自分になること/2人の師との対話を通じて

徹底的に自分になれ!僕の誕生日に、心の師と仰ぐお二人の個別セッションを、自分へのプレゼントとして受けてきました。全く接点がないお二人なのに、僕に伝えられた内容は、不思議なことに、根っこで美しく繋がっていました。備忘的に、その内容を綴りました。
HSP

HSPのトリセツ。HSPの「理解してもらえない」という原体験が疲弊を助長する

HSPというの言葉ご存知でしょうか。Highly Sensitive Personの略で、生まれつき感受性が強かったり、人一倍繊細だったりする特徴を持ったタイプの人々のことです。 その特性からくる特有の生き辛さのため、ちょっとしたことで、すぐに疲弊したりしてしまうと言われます。その疲弊の原因になるものは幾つかあるのですが、今回は、特に人との(特に対面での)コミュニケーションでの疲弊を避けるコツについて、ご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました