心の闇と向き合うことを難しく考えないで

コーチング/心のこと
この記事は約3分で読めます。

仕事柄、心の闇と向き合うことの大切さを
痛感しています。
以前は、ブログに綴る内容も、そのことに
終始していた時期もあることが、それを
物語っているとも言えます。

大切だけど、その一方で、私たちは

「向き合うって大変」

って思い過ぎていやしないか。

そう感じることも多々あります。
自分自身も含めて。

その辺りを、まずは、最近、久しぶりに
自己開示的なストーリーから始めて
みたいと思います。

久々の大物が登場したけど

冒頭にも書きましたが、以前は、自己開示的な
内容を多く綴っていました。

最近になって、綴ることが減っていたのは、
綴るほどのことが単純に減ってきたことが
背景としてありました。

そんな中、先日、久しぶりに、

「これはデカイのが来た!」

というのが出てきました。

それは、ずっと違和感として感じていたもの。
でも、そこに手を出そうとしても、いつも
雲を摑むような感覚で、上手いこと正体が
掴めなかったものでした。

それが、点と点が線になるかのように、
一気に明確になりました。

言語化されたというか。

その内容を言葉にすると、結構エグい。
(なので、ここには書かずにおきます笑)

「まさか、自分の中に、こんなものがあるとは。
 これは、ガッツリと向き合わないとかな…」

その内容を自己分析して、そう予感しました。

ところが、待てど暮らせど、想定しているような
大変さがないのです。

でも、確かに、そこが明らかになったことによる
変化が起きている。

肩透かしを食らったようでした。

心の自然治癒力に委ねる

話がちょっと脇道に逸れますね。

僕は生ゴミは極力、可燃ゴミとして出さずに、
庭の片隅に穴を掘って、そこに埋めるように
しています。堆肥とかまでは考えてません。
自然の循環に乗せることを大切にしたくて。

シャベルで生ゴミを埋める穴を掘っていると、
ガツンと大きな石に当たることがあります。

手に伝わってくる感触えから

「これは大きそうだ」

覚悟を決めて掘り進めてみる。

すると、大抵の場合、最初の予感よりも小さい石が
掘り出されてくるのです。大きいけど薄かったり。

「あれま、こんなものだったのか…」と。

冒頭に書いた「自分の心の闇と向き合う」こと。

そのプロセスを経た先に待っているものは、
認識できる世界が広がるという内的成長です。
自分の器が広がるような体験です。

そこに至るプロセスは、穴を掘り進めるという
ことにも似ています。

掘り進めていたら何か大きな塊に突き当たる。

でも、それを勇気を持って更に進めてみたら、
思っていたほど大したものではなかった。
ということも多いということです。

私たちは、問題を「問題視」してしまうことが問題
だったりします。

心にも自然治癒力があります。

それに委ねる。

嵐の時はじっとしているのが最善のように、
心の闇が浮上してきた時、「何とかしなければ!」
と「問題視」するから、このプロセスが大変に
なってしまう。

そうではなく、極力大人しくして、時に味わって、
ただ出てくるに任せる。それが大切になるのです。

そうすると、「意外と大したことなく済んだな」
という結果が待っているのです。

最後に

心の闇が表面化してきた時。

それは解放に向かい始めたという証です。
良くなる前兆です。

僕の最近の体験のように、表面化することで
状況が改善します。

表面化していない時のほうが、実は怖いのです。
そのことが不本意な現実を創り出してしまいます。

心の自然治癒力が、自分を害するために働く筈が
ないのです。

そこを、どれだけ信頼して委ねられるかが、この
プロセスがただただ辛いものになるか、
実は大したことが
なかったと気づいていく、
というものになるかが決まるのです。

もしかしたら、「どれだけ委ねられるか」の
トレーニングなのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました