セラピー型個人セッションのクライアント募集中! 詳しくはこちら

【9月20日更新】目指せ100人?〜対話の記録

思うところあって、いろんな人とお会いして、対話を重ねてみようと思い立ちました。

それで、8月21日の夜、SNSにこんな投稿をしました。

【ゆる募】
対話をしてくれる人を思うところあって募集します。
あまりお話しできてない方や、少しご無沙汰の方が望ましいと思っているけど、誰でもウェルカム! テーマは今のところ、これといったものは無く、雑談でも最近のマイブームでも真面目なことでも何でも。
まずは目標10人(100人とかにすると、自分が嫌になっちゃうので少しずつ積み上げるw)
しかも、こちらから「どうですか?」と個別に声をかけるのも今はハードルが高いから、声をかけてもらえるとスタートしやすいので嬉しい♪
(いずれ、自分から声をかけ始めるけどね)
基本的にオンラインで60分くらいを目安にしてます。近場であればリアルも、状況により、臨機応変に。
お待ちしてます!

書いてある通り、目標10人としました。普通、こういう投げかけは大きい目標を掲げて進めていくケースが多いように思いますが、あくまで等身大に。100人とかできたら格好いいけど、まぁ10人も集まれば十分だろう。そんな軽い気持ちでした。

ところが、驚いたことに投稿した翌朝までには15人くらいからコメントがあり、あれよあれよと20人くらいからお声がけいただきました! 信じられない展開です。とはいえ、上にも書いてありますが、大風呂敷を広げるのは合わないので、飽きたり疲れたりしたら途中でもやめるくらいの感覚を大切にしつつ、MAX100人くらいの皆さんとの対話ができたらと考えています。

ここでは、折角なので、この対話の感想などを書き残していくことにしました。よろしければ、お付き合いください。

対話が実施され次第、順次、追加していきます。その他の予定の合間に少しずつ進めていくので、恐らくスローペースになるかと思います。

関わってくださった全て皆さんに感謝を込めて!

目次

18.きさちゃん/9月21日

彼女との出会いは、2016年の12月です。何故、ハッキリしているかというと、僕が今の活動に繋がるコーチング・トレーニングの最初のコースに、アシスタントとして入っていたのがご縁だったからです。その後も、アクセスバーズを伝えてくれたり、今の再婚相手とのパートナーシップ構築のサポートをしてくれたりと、要所要所で何かと助けになってくれている先輩でもあります。

きさちゃんのリクエストで、割とベタな鎌倉観光をしながらでした。とは言っても、そこはやはり活動の内容が近いのもあり、マーケティングのノウハウ的な話題も自然と混ざってきました。

インスピレーションや直感に従うことを大切にしていて、しかも、そこに何ら理由も理屈も求めない姿。そして、欲しいと思ったものは、子供のように素直にまっすぐに欲しいと思う。そして、そのまっすぐさやシンプルさのようなものにノイズがあれば、丁寧に取り除く。そして、そのプロセスを心から楽しむ。そんな姿が心に残っています。

▼きさちゃんのウェブサイト

17.みきてぃ/9月20日

彼女とは、もう4年くらい前になりますが、とあるコーチングのトレーニング・コースの中で一緒になったのがご縁。その後も、興味関心が近いのもあり、イベントなどで一緒になることは度々ありましたが、ゆっくり話すのは初めてでした。

(うっかり忘れていたのですが)彼女とは同い年。更に、お互いにHSP的な気質を持って生まれてきているのもあり、生まれ育った環境は違えども、象徴的に見ると、何か通じるものがあるのを感じることができました。

みきてぃは、あまりSNSでの発信は多くないのですタイプ。そんな彼女が、時々、思い出したように動物の癒し動画やクスッと笑えるネタをシェアしてくれます。今回の対話で、その奥にある願いのようなものに触れて、そういうシェアをする理由が少し理解できた気がしています。

16.ちかこちゃん/9月13日

彼女は、10番目に登場している まいこちゃんの妹さんです。知り合ったタイミングや経緯も、まいこちゃんとほぼ同じ。姉妹で関わってくれて有り難い!

1年以上ぶり? の久しぶりではあったので、お互いの近況の報告から始まりました。その中で最近の彼女のSNSでの発信から出ている色のようなものが変化している、その背景にあったものを聞かせてもらったり。さらには、社会人になったばかりの頃の武勇伝(?)まで話題は広がりました。

姉妹とはいえ、気質的には対照的。ちかこちゃんらしさや傾向が滲み出ているエピソードを聞かせてもらって、興味津々でした。

「常に新しくしておくほうがいいって思ってる」

何気なく彼女の口を突いたこの言葉が、そんなこれまでのエピソードがあったからこその言葉であり、心に残っています。

気質は違えど、あるがままの自分を、そのまま表現できているところは共通している姉妹だなぁとも感じました。

喋り方も似てるかも。

15.ゆかさん/9月12日

彼女とは、確か、この1〜2年の付き合いです。ある、女性中心で運営されているコミュニティを経由して繋がらせてもらいました。子育ての傍ら、大好きな星読みを提供したりしています。

あまりSNSで発信するタイプではないので、知らなかったのですが(単に僕が見落としているだけの可能性もあるけど)この半年ほどは色んな意味で激動だったようです。色んなことを赤裸々に?聞かせてくれました。

詳しいことは書きませんが、その言葉の端々に「私は、一見すると何気ない細部まで、ちゃんと血を通わせたい(愛を送りたい)!」という願いに溢れていたなぁと、僕には見えました。

今の彼女の状況は、そんなチャレンジに最適な環境なのかもしれませんね。そんな過渡期の時間に僕のところへ(オンラインですけど)来てくれたことに感謝があります。

14.ひろしくん/9月10日

彼とは、4年くらいの付き合いになります。2018年に僕が奥多摩に移住して間もなくの頃に、奥多摩移住直後に知り合った友人の紹介で繋がりました。

最初は、彼の発信する内容が理解できませんでした。ところが、ある時に、ちゃんと説明(?)してもらったら、深く腹落ち。振り返ってみれば、会社員時代に身につけた生き方や考え方を、良い意味で壊して、さらに、今の僕の生き方のインスピレーションを与えてもらってきた。そんな師匠のような感覚の友人です。

とは言っても、例えば彼の講座に通ったとかではないので、何がどう繋がっているかは明確ではありません。色んな場で一緒に関わる中で、「あ〜、そういうのアリなんだ」とか「そう表現すればいいのか」といった、目から鱗な体験をさせてもらっています。

今回は、僕のここまでの歩みにとって、それらの学びが大きな力になってくれたことを改めて振り返る時間となり、そのことに感謝を伝えられたのが心に残っています。

▼ひろしくんのYoutubeチャンネルの一つ

13.バヤ/9月7日

彼の存在を知ったのは、彼がそれまでのキャリアを捨てて、自らをして「ニート」と公言し始めた頃からでした。今回、2年半か3年ぶりくらいに話をすることができました。

この1〜2年は、SNS越しでも、あまり見かけることはなかったのですが、最近、少しずつ戻り始めているのかな、というタイミングで今日を迎えました。そのあたりの背景について聞かせてもらったり、逆に、最近の僕の動きの裏側をシェアしたりでした。

キャラは違うのですが、お互いに、それぞれの同世代(バヤはZ世代)の中では、時代の流れの少し先を歩くタイプです。何か言葉を超えたところで共感したり分かち合えた気がしています。

この対話シリーズでは、テーマは(強いて言えば)「互いの今を分かち合う」としています。そのテーマ感が、一番色濃く出た対話だったように感じました。

12.典子さん/9月7日

彼女とは、5年前の春に熊野市にある天女座https://www.tennyoza.net/に縁あって泊まりに行った時に、同じタイミングで泊まりに来たのがご縁。天女座の矢中ご夫妻に連れられ、地元を廻った思い出がある方です。

家は、互いに関東ですけど、微妙に近くないのと、コロナや典子さんの介護生活などもあって、この数年は、なかなかご一緒する機会はありませんでした。久しぶりに見るお顔は、随分と元気そうだったので、その辺りの背景から話は始まりました。

介護が始まったり、567に罹ってしまったりと、特にこの半年は慌ただしかったのですが、陰極まって陽となる。介護などで空回りしていた自分に気づけたことで楽になったこと。そんな楽を味わいながら、家族や近所の人々を陰で見守り支えている。そんなふうに立ち回る方を、僕は「名もなき英雄」と呼んでいます。

11.ちはるさん/9月6日

彼女とは、今回はじめましてでした。共通の友人が、ちはるさんがコーチングに興味を持ち始めたっていうけど、私は詳しくないから相談に乗ってあげてほしいということで連絡をくださったのがきっかけです。

で、いろいろ紆余曲折があり、メールやチャットでのやり取りでは扱い切れない気がしたので、この対話シリーズのことをお伝えしました。このプロセスの一環としてどうですか? と。それで、この場が実現しました。

僕としては、どこまでお役に立てたか分かりませんし、むしろ勝手なことばかり言ってしまったので、内心、困らせてしまったかもしれません。概ね喜んでいただけたようで、良かったなって思ってます。

雑談の中で、実は、僕の妻ちゃんと共通の知り合いがいることが分かったりで、世間の狭さを感じさせてもらった対話でも有りました。

ちなみに、ちはるさんは結婚相談所をされています。婚活を考えていて、でも、思うところあってアプリを使うのは違うし、みたいな方がいらしたら、お繋ぎしますよ。

10.まいこちゃん/9月6日

彼女との出会いは、3〜4年前になります。ある、女性中心で運営されているコミュニティにご縁ができて、まいこちゃんは、そこのメンバーの一人でした。オンラインとはいえ、話をするのは1年ぶりくらいかなと思っていたら、なんと2年以上も経っていたという驚きから、この対話は始まりました。

どうりで記憶の中の彼女と、随分と雰囲気が違ったわけだ笑

2人の小学生の子育て中の彼女。でも、SNS越しに伝わってくる彼女の子育てする姿は実に軽やか。子供たちと対等な関係を築いていて、子育てお母さんに有りがちな一生懸命感が匂ってこないのが印象的でした。今回の対話では、そのあたりの秘密を紐解くことができたと思っています。きっと、まいこちゃんは、母親の解放がお役目なんだろうなと感じさせてもらった時間でもありました。

あと、僕のことを「世の中の『ここがおかしい』を探しているよね」って指摘してもらえたのが、僕にインパクトを残してくれています。さすがセラピストだなぁと。

「おかしいものハンター」と命名しました。

9.モリさん/9月5日

彼とは、この春に、共通の知人が主催したイベントでご一緒させていただいたのがご縁でした。オンラインよりリアルのほうがいいと、わざわざ鎌倉まで足を運んでくださいました。山歩きがお好きなモリさん。鎌倉は、ハイキングコースを歩くことはあるけど、平地(?)は数十年ぶりだというので、鶴岡八幡宮を中心に、界隈を足の向くままに歩き回りました。

少なくとも現時点で、この対話シリーズの最年長の方ですが、そのフットワークの軽やかさ、誰に対してもフラットに自然体でいるキャラクターが、一緒にいて安心できる方です。

特に印象に残っているのが、やはりその人柄です。人間の活動によって次々と破壊されている自然に憤り、年齢に関係なく自分に素直に生きている人をリスペクトするその眼差しに、暖かさを感じました。

最後に、汗だくで入ったお店で飲んだビールとソーセージは最高でした!

モリさんは“マンサンダル”のワークショップをよくやってます。興味のある方は、僕のほうまでご連絡ください。お繋ぎします。

8.ともさん/9月3日

彼女とは、どうやって知り合ったのだろう?? いつの間にか繋がっていたような気がします。たぶん、2〜3年のお付き合いになるかと思います。

子育ての傍ら、占い師としても活動している彼女。「リトマス試験紙でありたい」とか「お母さんたちに『子供は他人なんだ』って気づいてもらえるきっかけを作りたい」と淡々と語る彼女の姿に「こういう占い師さんにお願いしたい」と思わせられました。人の相談に乗る仕事をしている方は、お金を稼ぐ商材と捉えているか、人の助けになりたいと力が入っているかのどちらかが多い。ビジネスとしては良いのかも知れませんが、その人の本当の力にはなれませんから。

でも、世間一般にで語られているビジネスの進め方に馴染めないことを悩んでいました。僕も似た感覚は抱いていて、その中でお互いの考えや意見を交換し合えたのも収穫でした。

対話の最後に、タロットカードを引いてもらいました。この対話チャレンジのシリーズの今後を、どう進めていこうかという質問でした。結論としては、今までのままで良いというメッセージでした。今までのものが、どういったものかまで見事に言い当てられたので、その意味でも、このまま進めるということに確信を持てました。

▼彼女の占いは、自分らしさを活かして生きる助けになると思いますよ。

7.あっこさん/9月2日

彼女とはもう、5年くらいのお付き合いでしょうか。僕が国たちに住んでいた当時からのお付き合い。一見クールなのですが、好奇心旺盛で、色んな方面に興味のアンテナを向けているなぁという印象の方です。

そんな彼女らしく、話題は色んな方向に自由に進んで行きました。好奇心から語られるので、僕の好奇心も刺激されます。

その中で、ポルベニール・ブックストアという本屋さんの存在のことがあります。こういう本屋さんを“独立系”というそうですね。我が家の近くにあり、散歩で何度かこのお店の前は通っては、気になっていました。独立系の本屋さん特有の入りにくさのようなものがあり、入れずにいたのです。

たまに、普段読まないような本に出会いたいという思うことがあります。そういう時に、ここに寄ってみようと思いました。

あと、この対話シリーズで最初になった、きむにいに続いて、彼女からも真鶴情報がありました!

6.Shaさん/9月2日

彼とは去年の春に、仲間と一緒に企画した“414カード対話会”に仲間の誘いで参加してくださったのきっかけでした。

2ヶ月ほど前に宮崎の山奥?に移住され、地域の方との交流や竹藪と化していた畑を開墾したりしている様子をSNS越しに拝見して、その動きはとても気になっている方の一人でした。

一方で、何者なのか謎な感じがありました笑 彼についてのキーワードに一貫性が見出せずにいることと、生き様も風貌も(?)仙人めいているところが、更にミステリアスさを深めます。

今回、初めてゆっくりと対話することができたので、その人となりを知れたり、今後の彼の方向性の話などが聞け、ようやく彼の輪郭が捉えられてきたように感じました。

僕と違って、知性的で戦略的に物事が考えられるけれども、向かっている方向性が近いので、彼のアンテナで受信するものは、今後の参考になるのではないかと予感させられました。

▼ShaさんのYouTubeチャンネル

5.しのちゃん/9月1日

彼女とは、まだ知り合って1年ちょっと。ある本の出版記念公演があり、その時の運営メンバーとして関わらせてもらったのが始まりでした。家が近いこともあってか、まだ1年だっけ? と思わず考えてしまうほど、絡ませてもらう機会が多い一人です。

この対話シリーズは、基本的にテーマは決めずに始めるのですが、しのちゃんは“よさカード”という対話カードを持ってきてくれました。他のこういったカードとは一線を画す感じのカードで、また改めて触れてみたくなる興味深いものでした。

印象に残っているのは、「丸が嫌い」という話。これは、文脈を知らないと意味不明ですけど、ちょっと割愛させてください。でも、しのちゃんらしい発想だなと感じました。「その人らしさ」が滲み出る瞬間は印象に残ります。

あとは、最近、親しくされている年配のご夫婦とのエピソードも印象に残ってます。最初は、ちょっと付き合いづらい感覚を抱いていなかったのが、偶然、しのちゃんの亡くなった友人のご両親だということが分かり、印象が変わったという話。幾つもの愛のドラマが折り重なっていて、ジーンと心に響きました。

ちなみに、今回は対面だったので、最後に一緒に鶴岡八幡宮をお参りして解散しました。レンバイで素敵な野菜との出会いがあったかな?

4.ゆきちゃん/8月29日

彼女とは、4〜5年の付き合いでしょうか。僕が会社員を辞めて個人事業主になって、割とすぐの頃に、共通の知人の紹介で繋がりました。

この1ヶ月ほどは、ご自身の体調面や身近な人間関係などで、シンドいことが連発していたそうで、話題の大半はボヤキやグチめいたものでした。ただ、そんなことを話してくれること自体がギフトであって、そのことに気づけていることの豊かさを体感させてもらえました。対話の後は、とてもエネルギッシュな状態になったのも、その表れですね。

気質的に僕と近いところ(HSP的なところ)がある方なので、個人的に感じているけど言語化しきれないところを彼女が話し出してくれて、「そうそう!」となったりして、僕の中であった違和感のようなものがクリアになったりという収穫もありました。

3.たくやさん/8月26日

このシリーズで初のリアルで対話をしました。彼の地元で美味しい定食屋さんに案内してもらったりしながら、そのエリアの最近の変化の歴史なんかを教えてもらえたので、初めての土地だったけど、ただ訪れるだけでは感じられなかったような親近感を覚えることができました。

僕の中で一番印象に残っているのが、彼が発した「生き甲斐」と言う言葉でした。彼が発した言葉のエネルギーから「生きる甲斐がある」=「生きる喜びを味わう」という感覚が伝わってきて、「生き甲斐」と言う言葉に初めて血が通ったような感覚を味わうことができました。

あとは、彼の外側から見えていた印象と、内側で抱いている気持ちや考えの違いも興味深かったです。人との交流が好きで、初めてのところでも気にならずに入っていってしまうとか。人間の奥深さのようなものを教えられた気持ちです。

2.コージー/8月24日

彼とは、あるワークショップで一緒になった同期の一人で、もう4〜5年の付き合いになります。不定期ながら、時々やり取りする仲で、ちょうど「最近どうしているのかな?」と思っていた一人でした。というのも、去年から、今年は引っ越しすることになるとか聞いていたからです。

実際に話してみると、想像以上の変化を味わっていました。「グレート・リセットしたんだね」と口を衝いて出てきたのですが、それくらいの荒波感を、この半年くらいで味わっていたんじゃないかと受け取っています。

話を聴く(傾聴)への思い(聞き方ひとつで傷つけられる)からドミニク・チェンの話題に広がったり、香りについてから蒸溜の話題へ、などなど、色んな方面から彼の在り方を受け取らせてもらえる豊かな時間でした。

今まで、「◯◯のコージー」というところから人と繋がっていたのが、良い意味で、唯の「コージー」が、これからきっと立ち現れてきて、そこから人と繋がっていくようになっていくのだなぁ。そんなふうに、これからの彼が楽しみになってます。

1.きむにい/8月20日

彼とは、この5日前に友人の紹介で知り合ったばかりでした。彼も対話文化(?)に馴染みがあったりで、自然な流れで場ができました。

蓋を開けてみれば同い年だったことが分かったり、お互いの活動範囲を振り返ってみれば、つながるのも時間の問題だったねと。

最後にシンクロが起きました。彼が何気なく数年前に真鶴でのプロジェクトに関わっていたという話を始めたのです。僕自身は、今まさに真鶴に行きたいと考え始めていたばかりだったのでビックリ。今度、一緒に真鶴を案内してもらうことになりました。

この時点では、実は、この対話チャレンジをすることは決めてませんでした。数日前からイメージとしては何となく持っていましたが。この対話を機に、この動きが始まることになったのです。

まとめ

2022年8月から始まった対話チャレンジ。その記録でした。

あまり目標数値を掲げるとかが好きではないので、年内にMAX100人くらいになればと考えていますが、どこまで続けるかは分かりません。飽きたり疲れを感じた段階でストップするかもしれません。

そんな緩さを前提に、とにかく、自分が嫌にならないように気をつけながら進めていきたいと思います。

自薦他薦は問いません。もし「てっつーと対話したい」という思いがありましたら、気軽にお声がけください!

SNSで繋がっている方は、そちら経由で、あとはお問い合せフォームからでもお待ちしております。

LINE公式アカウントにご登録ください!

ご登録いただくと、最新情報やメンバーだけの特別企画などのお知らせを随時お届けします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しい!
  • URLをコピーしました!

ご 案 内

アクセスバーズ®︎(脳デトックス)× リーディング × コーチング

3つのテクノロジーを掛け合わせて、潜在意識(非言語)から顕在意識(言語領域)までを扱い、浄化・統合を促すオリジナルの 1on1 型セッションを提供しています。

ご自身の真実と一致を図り、人生を次のステージに進めませんか。

コメント

コメントする

目次