仕事とは生きること

メッセージ

最近、つらつらと思っていることを
書いてみることにしました。

生きることが仕事

「生きることが仕事」

最近、明確になってきている「仕事」の
イメージ。意味付けや定義付けです。

ところで、皆さんにとって「仕事」とは、
どんなものを指していますか?
どんな定義をお持ちですか?

  • 収入を得る手段
  • 貢献すること
  • 楽しいこと/辛いこと

などなど、人によって様々だと思います。

ここに挙げた定義をベースに、改めて見てみると、
次のようなものは「仕事ではない」ということに
なりますよね。

  • 収入を得られないこと
  • 貢献できていない(と感じる)こと
  • 楽しくないこと/辛くないこと

僕としては、この「仕事である/仕事ではない」の
境界線を取り払おうという意図です。もっと大きな
枠組みである「生きる」ということを、「仕事」と
同義にしてしまおうと。

そうすれば、誰かと他愛ない話で笑い合うこと、
食べること、眠ること、愛すること/愛されること、
もちろん働くことも。全てが価値のあるものとして
見えてくると思うんです。

仕事/仕事でないの境界線があるリスク

例えば、仕事の定義が「収入を得る手段」だ
とすると、何らかの理由で収入が得られない
状況が訪れると、非常に苦しくなるわけです。

特に、僕のような個人事業主や経営者、或いは
専業主婦のような方、病気になったなどの事情で
働くことが叶わない方などには、この様な定義が
(自覚のある無しに関わらず)強いほどに顕著に
苦しくなってしまうと思います。

対して、「生きること=仕事」と定義すると、
こういった苦しさに繋がるリスクを減らすことが
できます。仮に何らかの事情で、体が思うように
動けない時であっても、生きていれば「仕事」を
していることになりますよね。

その安心感のようなものをベースに持ちながら、
できることをさせていただけば良いと思える
ようになるわけです。

最後に

この頃、「仕事=生きること」に再定義しようと
思っているということについて書きました。

最近、考えているとは書きましたが、多分、
最近になって言語化されてきたというだけで、
奥多摩で暮らすことを通じて、この感覚を
育んでいた感じがします。

ところで、ここで「仕事」という言葉を使って
書きましたが、「使命」とか「存在意義」とか、
そういう言葉に置き換えたほうが合っている方も
いらっしゃると思いますので、もし興味があれば、
心地良いほうに置き換えて使ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました