アクセスバーズ®︎のご案内ページができました! 詳しくはこちら

【覚書】2020年大晦日の珍事への答え〜「他人に頼る」というメッセージに迫る

前回の記事で、2020年の大晦日に我が家の目の前でオラクルカードを拾ったエピソードをご紹介ました。

その後、この数日で、その答えの一つらしきものが見えてきたので、覚書的に、それはどのようなものなのか見ていきます。

目次

「他人に頼る」というメッセージ

エピソードについて詳しくは、前回の記事をご覧いただけたら嬉しいですが、拾ったカードはコレ↓↓でした。

見ての通り、「他人に頼る」というメッセージがありますね。

ここの具体的な意味が見えてきました。

“他人”には二つの意味があった

「頼る」というのは、二つの意味があることが、今回見えてきたことです。

一つ目は、文字通り、人の力をお借りすること。

そして二つ目の意味。

潜在意識の力を借りる」です。

このところ、自然な流れで、NLPやGIFT(Goal Image Focusing Technique)について学ぶ機会がありました。

「僕は、潜在意識を他人のように考えていた」

今回、NLPやGIFTを学ぶ機会を得、そんなことに気づきました。

でも、これらは、「潜在意識を活用しよう」と言っているのです。(てっつー意訳)

そう、二つ目の「他人」の意味は、自分の潜在意識のことだったのです。

関連記事

あわせて読みたい
2020年の大晦日に起きた珍事?|2021年に向けてのメッセージ?! 2020年の大晦日、ちょっとした珍事がありました。 珍事でありながら、意味深でもあります。 何があったのでしょうか? 【奇妙な出会い方】 出来事としては、あるカード...

最後に

2020年大晦日に、ちょっとした珍事がありました。

そこで受け取ったメッセージの意味が一つ紐解けてきたので、そのことについて書きました。

これまで、色々あって、潜在意識にアプローチすることに抵抗がありましたが、いよいよ、そこにメスを入れ、本格的に活用するところに入ったようです。

各種サービスのご案内

サービス一覧

画像をクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる