新年のお祓い@大國魂神社(府中)と、降りてきたメッセージを皆さんにもシェア

ライフストーリー
この記事は約2分で読めます。

毎年、新年を迎えると、府中の大國魂神社
お祓いを受けるのが、この数年の僕の習いです。

今年の僕は、九星的に八方塞がりの年回り
ということなので、八方除けをお願いしました。

名前を呼ばれたら体が熱くなった

社務所で受付を済ませ、順番がきたら、
20名ほどで拝殿に上がらせていただきます。

厳かに読み上げられる祝詞。

祝詞に続いて、一緒に昇殿された方々の
お名前が、ご祈祷を受ける理由と共に
読み上げられます。

僕の順番が来て、名前が呼ばれたら、
じわーっと体温が上がる感じがしました。

八方除けは、八方が塞がれている状態。
それを開くという意図があるようですが、
意図が叶ったと感じられて、何だか嬉しい。

神の前では裸になりなさい

つつがなくお式は終えられ、その後、
境内を軽く散策。そしたら、こんな
言葉が降りてきました。

「神の前では裸になりなさい」

もちろん、神棚の前で服を脱げ、
なんてことではありません笑

私たちを超えた存在がいます。
それを、ここでは「神」としています。

(呼び方は何でも良くて。)

意味合いとしては、自分を超えた存在に
向き合う時は、自分の全て(良きも
悪しきも)をさらけ出して、あるがままを
そちらに託すこと。

そのことを伝えられた感じです。

読まれた皆さんにとっては、どんな
ふうに響いてますか?

あわせて読みたい

八方除について|大國魂神社
家相、地相、方位、日柄等からくるすべての悪事災難を取除くご祈願を八方除といいます。是非、ご祈願をお受け下さい。

最後に

立春の日に八方除けのお祓いを受けてきました。

降りてきた言葉のようなニュアンスは、
この数日、確かに意識していたんです。

でも、僕の中にあったのは、こんな言い回し
ではなかったのです。不思議〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました