対話型オンライン・シェアハウス始動

この記事は約4分で読めます。

2020年8月8日。

「対話型オンライン・シェアハウス」という
コンセプトで、オンラインのグループを
立ち上げました。

直感(=独断と偏見w)でメンバーを募り、
15日に最初の集いの場を持ちました。

漠然とイメージはありましたが、僕の中では
唐突な感じで事態が動き出したので、
コンセプトも明確にし切れずに15日当日を
迎えた形になりました。

でも、その答えも、対話の中から紡ぎ出されて
いきました。

2020年の夏、新たに動き出したコミュニティに
ついて綴っておきたいと思います。

最初に書いた案内文

最初に僕の書いた案内文は、こんなのだ。

対話型オンライン・シェアハウス
サロンなないろアパートメント
へようこそ!

当サロンは、ギフトの精神を持った経営者・
個人事業主(とその卵を自認する皆さん)が
参加できます。

できれば、いろんな業種の方が集まれると
理想的です。

自分の命のど真ん中から輝き、その輝きに
従って、本当に自分らしいビジネスを育てて
いきたい皆さんの集う場です。

【まずは、こんな場になっていけたら】
→対話を重ね、住人間の繋がりを大切にする。
→時には、悲喜交々も、ポンコツぶりも
 分かち合いたい。
→将来的には、新しいプロジェクトや商品の
 デザインを一緒に考えたり、プロトタイプを
 試してみる場として、互いの背中を押す
 (押してもらう)場として機能していけたら
 嬉しい。
 もちろん、コラボもどんどん!

【メンバーの約束 Ver.20200808】
→ギフトの精神を大切にし、それを育む。
 でも普通のビジネスも勿論OK。どっちも大事。
→愛とその循環の力を育み、信じる。
→間違っている人は誰もいない。
→できることを、できる時に、できる人がやる。

紡ぎ出された存在意義

敢えて、コンセプトなどを完全に整えずに、
その日を迎えました。

とはいえ、一抹の不安もありましたが、逆に、
メンバーとの対話を通して出てくる声から
探ることにしました。

結果として、それが正解。

僕の想像を超えたものが紡がれてきました。

単なるオンライン・サロンでもない。
単なるチームでもない。
単なる共感型コミュニティでもない。

その間にある何か。

同時に、ギフト経済に可能性を感じつつも、
かと言って経済的な循環も蔑ろにしない。

「ギフトの解像度」を高める。
「愛の純度」を深める。

そんな生き方を志し、探求し、実践する仲間。

第1回の対話から、そんな姿が見えてきました。

なかなか言葉では説明し切れないですが。

今後の対話からも、さらに深いものが見えて
きそうな予感がしています。

メンバーの共通点

第1回のギャザリングで集まってもらった
顔触れば、僕の独断と偏見でした。

「この人に来てもらいたい!」

「この人は、んー、何だかちょっと違うかな」

そこにあったのは直感だけ。

そんなプロセスを経て、蓋を開けてみるたら…

4人とも同じような匂いがする。。。!

それぞれ本業はバラバラなので、仕事柄から
醸し出される在り方はそれぞれ違います。

それにも関わらず、でした。

対話を重ねてみると、意外なところで共通点が
見つかってもきました。

最終的には、もっと多彩な方々が集まる場には
したいですが、まずは、こういう形で始まった
というのは、僕としては心地よく、好スタートを
切ることができました!!嬉

なかなか僕の直感も侮れないですな!笑

タイミングというものがある

冒頭で唐突な感じで始まったというように
書きましたが、よくよく振り返れば、
数ヶ月前からイメージは湧いており、
身近な人に構想を話したりもしてました。

でも、思おうように事が進まず、半ば
お蔵入りの状態になって、僕自身も
もはや忘れかけていたくらいでした。

今回、それが突如、舞い戻ってきて
実現したわけですが、揃ってくれた
メンバーを見ると、
「ああ、今だったんだなぁ」
と感じられます。

思いついた時点では、まだ知り合って
なかった方。繋がりはあったけど、
この数ヶ月の間でご縁が近くなった方が
いたからです。

僕の中のアイデアと、集まるメンバーの
顔ぶれ。その両方が揃ったことで、初めて
形になっていたわけです。

物事には、やはりタイミングというものが
あるんですね。

参加してくれたメンバーのウェブサイト

第1回に参加してくれたメンバーの
ウェブサイトをご紹介しておきましょう。

グラフィックデザイン | era Design
あなたの本質と美しさを伝え、 世界とわかりあうためのグラフィックデザインならera design
鍼灸院 「そとやまのはり おきゅう」
様々な疾患や不定愁訴、美容まで、幅広く効果を発揮。東京都内で即効性や高い効果を期待できるのはここ!
水輝亭 | 水島一輝の小説・ブログサイト
水島一輝の小説・ブログサイトです。小説作品の連載やブロガー向け記事、ライフスタイルを日々更新中!

最後に

オンライン・シェアハウスというコンセプトで、
対話型のコミュニティを立ち上げて、
第1回のギャザリングを実施しました。

今の時点では、積極的にメンバーを増やそうと
いうところまでは考えていません。

様子を見ながら少しずつが現実的かなと。

昔、トキワ荘というアパートがありましたね。
将来の日本を代表する漫画家の卵たちが
集まっていました。

このオンライン・シェアハウスも、そんな
トキワ荘のような場所になればと願っています。

今後の展開が、僕自身も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました