ザ・メンタルモデル by 由佐美加子&天外伺朗/自他との不本意な現実が楽になる

この記事は約10分で読めます。

今回、紹介させていただくのは、
『ザ・メンタルモデル』です。

この本は2019年の終わり読んだのですが、
この1年で読んだ本の中でも、トップクラスの
インパクトと変容をもたらしてくれた1冊です。

皆さんにも是非手に取っていただきたく、
書くことにしました。

なお、ここに書く内容は、だいぶ僕の言葉に
置き換わっています。
ご理解の上でお読みくださいね^_^

人間関係の不本意な現実を扱い易く

この本は、本書のタイトルにもなっている
メンタルモデルは、著者の一人である由佐さんが、
15年以上の歳月と1,000人を超える方々と向き合う
中で構築されたものだそうです。

端的には「(このモデルを理解することによって)
人間関係に生じる不本意な現実が扱いやすくなる
ためのガイドブックです。

読み終えた今、そのことを身を以て実感して、
結果、人間関係が楽になったと感じています。

「よくぞ、ここまで言語化したものだ」と舌を巻く
クオリティです。

その智慧を取り入れることで、目の前の相手が
やっている言動の背景を理解し易くなります。

要はコミュニケーションが楽になり、人間関係の
ストレスが軽減する。

僕の仕事柄、言葉や態度の裏にある、その人の
本当の願いにアプローチする機会が多いのですが、
それが格段にやり易くなりました。

目の前の方の心に繋がりやすくなった感覚。

これは自分自身に対しても同じです。そのことを
一番強調したい!

自己認識が広がって、より楽に生きられるように
なりました。過去の辛い体験や、心がザワつく
僕のパターンがあるのですが、その背景をより
深く理解でき、今まで以上に深く自分に寄り添う
ことができるようになります。

それと同時に、自分の生き方の指針がより明確に
なってもいますので、内側でも外側でも変化が
あったわけです。

「人間関係に生じる不本意な現実」の「人間関係」
とは、自分自身との関係も含まれるわけです。

なぜ扱い易くなるか

僕なりに、何故、(自分自身も含めた)人間関係が
楽になったのか、少し紐解いてみます。

表面に見えている苦しみや違和感など。

その背後にあるのは心の傷。

過去の辛い体験などに起因します。

インナーチャイルドなどが知られていますので、
心のケアに関心がある方であれば、どなたでも、
イメージはできるのではないでしょうか。

その辛い体験からくる「痛み」。

それを無意識の内に避けようとした結果、なんとも
皮肉なことに、避けたかったはず不本意な現実が
目の前に展開してしまう。

この本を通じて気付かされるのは、
その傷が形成されるのには理由があったという
ことです。

同じ出来事でも、それで傷つく人もいれば、全く
気にならない人もいます。それと同じなんですが、
その背後に「魂の願い」とでも言えるようなものが
誰の中にもある。

それがあるからこそ、「それが叶わなかった」と
いう事実が、心に傷として刻まれる。

裏を返すと、心の傷には目的があったとなります。
心の「痛み」そのものが、その「願い」をこちらに
伝えてくれているメッセージなのだと。

それが見えれば、例え出来事としてはネガテイブで
あっても、それをそのままネガティブなものとして
受け取る必要がなくなる。

それが不本意な現実が扱い易くなるメカニズムでは
ないでしょうか。

心理学では「心の傷」を「シャドウ」と呼んだり
しますよね。正に魂の持つ「願い」という光による
影だったのですね。

メンタルモデルでは、その願いを4つに類型化する
ことに成功しているのです。

続いて、そのメンタルモデルの分類について
ご紹介します。

本書の構成

本書は大きく、2部構成になっています。

前半は、共著者である天外さんの主催する
セミナーに、由佐さんが登壇した際の実録。

ライブ感を大切にしていて、文章にすると
少々回りくどかったりするところも、敢えて
そのままにして、そこを天外さんが補足して
いる形を採っています。

後半は、由佐さん書き下ろしによるパートで、
メンタルモデルの概説になります。

個人的には、後半から読み始めるのもアリ。

なお、本書の中でも何度も述べられてますが、
タイプ分けが重要なのではなく、あくまで
自己理解を深めることに主眼が置かれるべき
ものになります。

4つに類型化

メンタルモデルは、4つのモデルに類型化
されています。

  • ひとりぼっちモデル
  • 欠損欠陥モデル
  • 愛なしモデル
  • 価値なしモデル

各モデルに、それぞれ克服型と逃避型の2つの
タイプ
が存在しています。

この理論の素晴らしいところは、各モデルに、
それぞれ発達段階があるということです。

各モデルで4象限の水平的な座標を、発達段階で
その垂直の移動を表しているんです。

この立体感が素晴らしい。

全ての方に当てはまるのかは分かりませんが、
このように一定の類型化をすることで、自分自身の
立ち位置を把握し、次のアクションがより効果的・
効率的にできます。

コーチのような対人支援をする側にとっては、
クライアントの支援の指標となるわけです。

陥りがちなのは、2歩も3歩も先のことに
取り組もうとしていたり、本来は垂直の移動を
意図すべきなのに水平の移動を意図してしまう
などして、「上手くいかない」と苦しんで
しまうこと。(僕も、さんざんやりました…)

次項から、各モデルの傾向と、起こしがちな
不本意な現実について。

そして、それぞれのモデルが魂の願いや
創り出したい現実について大まかに解説します。

メンタルモデルは、この世界にあるはずだった
何かが「ない」という人間のこの世界の体験の
中にあった欠損の痛みが言語化されたもので、
生存適合OSは、その痛みを回避して生きる
ことを目的に生存本能が創り出した現実創造の
メカニズムです。したがって、それぞれの
メンタルモデルには、何がこの世界に「ない」
のかという固定化された世界における欠損の
「痛み」と、何がこの世界に「あるはず」
なのかというその痛みの裏に、あるはずだ
と信じていた世界を創造することへの
「情熱」が表裏一体で存在しています。

P191より

価値なしモデル〜私には(こんなにやっても)価値がない

このモデルは「他の人に価値を出せなかったら
自分はここにいる存在価値はない」というような
生存適合OSがあり、勢い、常に努力している
タイプが多く、従って能力も高い傾向があります。

その分、「止まったらお終い」みたいな思考が
働きやすく、疲労による怪我や病気などのリスクが
あります。

創り出したい世界は、いのちは(ありのままで)
価値があるという認識が浸透している世界です。

愛なしモデル〜私は(こんなにやっても)愛されない

このモデルは、「自分が求める愛はなく、自分が
望む形で愛してもらえない」という生存適合OSが
あります。

そのため、(自分が愛してもらえるように)自己
犠牲的にひたすら相手に奉仕するパターンを起こし
やすいタイプ。

いつも奉仕しているので、一番疲弊しているタイプ
かもしれません。

創り出したい世界は、この世界には愛しかないと
いうこと。愛は与えるから与えられるという取引
のようなものではなく、出来事としてポジティブ
なことにもネガティブなものであっても、その
背後には必ず愛があるということが証明されて
いく世界です。

ひとりぼっちモデル〜私は所詮ひとりぼっちだ

このモデルは、「『分離の痛み』を抱えていて、
所詮つながりは断たれる、人は離れていくものだ、
という割り切りの感覚と、どうせこの世界では
ひとりで生きているんだ」という独特な孤独感を
抱えた適者生存OSを持っています。

パイオニア的な存在になることが多いタイプ。

側から見ると、どんどん人生を切り開いていく
ようなところがあり、強く見えます。実際、孤独を
ものともしなかったり、所属するのを好まない
という傾向もありますが、その裏には、とても深い
孤独感を抱えています。

創り出したい世界は、個としての独立と、生命と
してひとつにつながっている、所謂ワンネスが
矛盾しない世界へとつなげること。

分離から統合へのプロセスを引き起こすことです。

欠損欠陥モデル〜私には何かが決定的に欠けている

このモデルは、「自分という存在そのものに
決定的に欠けているものがある」という適者生存
OSがあります。

自分には決定的に補えない欠陥を持って生まれて
きたという、存在そのものに欠けているという
信念を持っています。

そのため、控えめで自ら表に立つことは好まず、
影のサポート役に徹する傾向があります。

創り出したい世界は、自分は凸凹があっても完璧
であり、ありのままの、存在そのものを認知する
こと。どこにいても居場所として感じられる安心が
得られる世界です。

発達段階

本書では、その人の意識の発達段階を
「ライフ・タペストリー」と名付けています。
それぞれの段階を次のように呼んでいます。

適合期

直面期

自己統合期

体現期

自己表現期

詳細は書きませんが、全体としては、何らかの
「痛み」(適者生存OS)が生じ、痛みへの恐れ
から無自覚に触れないようにする段階に始まり、
段階を経ながら、自分の本当に創り出したい
世界を体現し、創り出すようになっていきます。

全体的な流れは、概ね一致しているそうですが、
全員が全員、自己表現期まで至れるわけではなく、
それこそ適合期のまま一生を終えるということも
決して珍しくはないようです。

余談ですが、この発達段階の進み具合と社会的
地位は必ずしも一致しません。適合期であっても
社会的には高い地位に上がることは可能です。

ただ、そのエンジンの質が異なるだけです。

こうやって、目に見える肩書きとか収入だけで、
発達段階を推し量ることはできないことが、
こういうことを学ぶことの面白さですね。

進化し続けている

本書の中では、「メンタルモデルは一人に
必ず一つ」とキッパリと断言されてます。

ところが聞くところによると、最近はもっと
グラデーションがあるというようなものだったり、
ライフステージによって変わるというようなことが
言われているようです。

あれだけ断言されていた内容が既に置き換わっている。
それだけ進化することに迷いが無いのでしょうね。

最新の情報も聞いてみたいものです。

ちなみに、てっつーは?

読み始めた当初、自分は欠損欠陥モデルだと
感じていました。
まるで生まれつき体のパーツが欠損している
ような感覚に覚えがあったからです。

しかし、ある時期を境に、ひとりぼっちモデル
(逃避型)だったことに気づかされます。

あれっ?!

って感じでしたが、その後、これを書いている
現時点でも、

「ああ、自分はひとりぼっちモデルだった」

と認識を新たにする体験が続いています。

これまで、何度となく自分の人生を振り返る
体験がありますが、その時に頻出する記憶の
内容を見てみても、「ひとりぼっちっぽいなぁ」
と感じます。

(悲しい体験とか辛い体験が結構ヒントになります。)

実は、読み始めて感じたのが、不可解なほどの
「違和感のなさ」でした。

人の文章を読むというのは、何かしらの違和感が
あるものです。それは、言い回しや単語の使い方が
人それぞれ違うから。

それが時に新たな発見に繋がったりして感動を呼びます。

ところが本書では、自分の中にスーッと入ってくる
感じでした。同質のものを混ぜただけという感じ。

本の中で、著者の由佐さんは、ご自身をひとりぼっち
モデルだと語っておられます。僕も、ひとりぼっち
モデルだと気づいて、なるほど、同じタイプ同士
ゆえだったのかと、妙に納得しました。

自己認識のツールとして

ここまで読んでくださった方は、自分はどのモデル
だろうと気になっている頃だと思います。

本書を通じても、ある程度の判定はできるかと。

ただ、この判定結果は「仮説とする」ことを、
個人的にはオススメしたいです。まして、
人をジャッジしたり決めつけたりするような
ことにも使わない

そして、出てきた仮説に基づいて、自己認識を
深めるツールとして活用する。

「モヤモヤとあった違和感は、こういうことか!」

と、言語化できたときのスッキリ感があります。

その先に待っているのは、僕が体験したように、
それまで認識していたもことは別のモデルだった、
という気づきかもしれません。

僕は、それで良いと考えています。

だから、今の自己認識は、ひとりぼっちモデルだ
と考えていますが、このモデルを通じて何かを
学んだりしようとしている自分がいる。

そんな感じの距離感を持っています。
(実際、価値なしの可能性も疑っています。)

謝辞

この記事を書くことに先立って、本書のABD
(Active Book Dialogue)に参加したことが
大きな原動力になりました。

企画してくれたKAさんと、縁あって一緒に
なった皆さんに感謝の気持ちを捧げます。

そのABDが、この記事に繋がったとも言えますが、
同時に、僕自身のあまりの思い入れに、僕の記事の
中でも、特段に長いものになってしまいました。

で、これが仕上がる頃になって気づいたのですが、
全部を書こうとするのではなく、ABDの作法の
ように、端的に短くまとめることが、一番の近道
だったのではないか。

そう思い至りました(苦笑)

その意味では、この記事は僕の中で最大の駄作
かもしれません。。。てへ。

(でも、アップしちゃうよ。)

参考

『ザ・メンタルモデル』公式サイト
書籍「ザ・メンタルモデル」公式サイト。著者・由佐美加子によるメンタルモデルの解説、書籍内容の紹介、メンタルモデルを探求するためのイベント・講座情報を発信。

最後に

『ザ・メンタルモデル』の書評を書いてみました。

まずは、最後まで読んでくださって有り難う
ございました!

「どうせなら、本を読まなくても、最低限の理解が
できるように」という意図から書き始めてしまった
ので、案の定、長い記事になってしまいました。

少しでも、お役に立てれば幸いです。

ちなみに、以前、学んでいた個性認識学も、4つの
モデルに分類している点で共通しています。

最近は、こちらとの関連性を探求するのが密かな
楽しみになっています。

書籍販売サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました