台風19号(ハギビス)から1年経って見えてきた、鎌倉に戻った意味

この記事は約2分で読めます。

1年前の今日(2019年10月12日)は、
台風19号が日本に上陸しました。

その時の体験を経て、僕の人生の
流れが大きく変わりました。

しかも、当初意図していた阿蘇への
移住は先送りとなり、生まれ故郷の
鎌倉に留まることになっています。

1年経った今日は、鎌倉に留まると
いうことになった意味が見えた。

奇しくも、そんな日になりました

当初は不本意だった

ハギビスがもたらしたインパクトは、
人それぞれだと思いますが、僕に
とっては、あの出来事が、夏頃から
薄々と感じていた「奥多摩を離れる
べきだ」という流れが確信に変わった
出来事でした。

年明けて3月に奥多摩を退去。

その辺りの流れは、コチラの記事
書きました。

奥多摩からの退去を決めた時点では、
春先には阿蘇に移住することを意図
していました。

ところが、再婚、コロナ騒動など、
まさかの出来事が重なり、短期的な
滞在地として位置付けていた生まれ
故郷の北鎌倉にいる期間が、当初の
想定より長いものになりつつあります。

北鎌倉を拠点にすることは不本意に
感じていました。

しかし、その後、僕の中で起きてきて
いる変化を俯瞰してみると、鎌倉に
長くいることになった意味づけが
できるようになりました。

最後に

ちょうど1年前の台風19号から人生の
流れが変わって、生まれ故郷の鎌倉に
戻ってくることになりました。

それから1年経った今日、鎌倉に再び
住むことになった意味が見えてきた
ということについて書きました。

こういう意味づけは、何重にも折り
重なっていますから、他にも大小ある
かもしれませんね。

僕だから提供できるものがあります。
それが、必要とされている方に、より
良い形で届けられるように。

引き続き、よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました