準備が整わなくても、やりたいコトのほうに進んでしまうことのススメ

この記事は約3分で読めます。

私たちは、「どうせやるなら、失敗したくない」と考えて、願いや望み、夢を、少し遠くに見据えがちなところがあります。

ところが、実際に蓋を開けてみると、思いの外、簡単に手に入ってしまった。

なんてことも多いものです。

僕にとって、時間や場所に縛られずに生きることが、それに当たります。

過去の失敗

ちょっと僕の過去の失敗談に、ちょっとお付き合いください。

今、45歳なのですが、この3〜4年で、今のように時間や場所に縛られずに生きるようになりました。

30代の半ば頃から、そんなふうに生きていきたいと考えるようにはなりましたので、予想外の形では合ったけど、夢が叶っているわけです。

ただ、当時の僕が考えていたのは、それができるだけの資金源を、まずは整えること。

その上で、望む方向にシフトしよう。だから、今は我慢だ。

そんなふうに考えていました。

ところが、実際には、思うように資金は貯められなかったのです。

(僕の場合、何故、資金が貯められなかったかは、後ほど)

そんな中、2016年の秋に、僕の中で大きな意識改革が起こり、気がついたら、僕は大きく人生の舵を切っていました。

以前、考えていたような資金的な準備が整っていないにもかかわらず。

それから4年ほどが経ちました。

蓋を開けてみると、それなりに生きていくことができています。

収入減でも豊かさを味わう日々

収入面では心許ない状況は恥ずかしながら今でも続いています。

それでも、今のほうが以前よりずっと生きやすいし、むしろ今のほうが贅沢な暮らしができている感じすらします。支出自体は、以前の半分くらいになっているにも関わらず。

それは、好きなことしかやっていないから

やりたくないこと、苦手なことをすることは、どんどん減っているから。

その純度を上げることしかやっていないから

好きなことしかやっていないほうが、結局は、豊かになっていくだろうという仮説を立てて、ここまで来ていますが、間違っていないなぁというのが、今のところの感触です。

ストレス解消に浪費してしまう

僕の場合、十分な資金が貯められなかった原因は、大きく二つありました。

まずは、ストレスです。

会社勤めをしていると、時間的に、自分の好きなことをガマンせざるを得ません。それが、結局はヒズミとなります。当時の職場環境が自分に合ってなかったことも、そこに重なっていました。

そのヒズミを解消するために、お金がかかってしまいました。

また、そんな状況なので、自分が好きなことを見出すこともできず、セミナージプシーのようになって、大枚を叩いた割には、実りの少ないという悪循環も起こしていました。

お金を稼ぐ意識が低かった

もう一つは、僕自身がお金を稼ぐことに力が入れられなかったという要素もあります。

お金を稼ぐことに、喜びも価値も見出せなかったのです。

その上、会社組織で出世していくことにも価値を感じられなかったのも重なります。

今だからわかりますが、そんな状況では、十分な収入に繋がるということは難しいものです。

そんなわけで、社会的に非常に頼りない、心許ない存在。それが僕なのです。

そんな僕でも、ここまでこれました。

であれば、僕以外の方でも可能性は十分あります!!

最後に

大した準備も整えずに、好きな生き方に足を踏み入れたら、何とかなるものだと分かったということについて書きました。

もちろん、安易に今のお仕事なりを手放すことを勧めるわけではありません。

でも、こういう生き方もアリですよと言いたい。少なくとも、自分の望む方向を見つけて、とりあえずな感じで、そちらに向けて歩を進めてみるのはどうでしょうか、というメッセージを発していく役割が僕にはあると考えています。

好きなことに集中する人にとって、サスティナブルな状況を与えてくれるのが、この世界です。

悩んでいる方がいらしたら、一緒に話しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました