天給皆足とは

この記事は約2分で読めます。

天給皆足とは?

僕は2015年、か2016年頃に半農半Xという
ライフスタイルを知りました。

それ以降、そのライフスタイルの実現に向け、
少しずつ準備を進め、2020年の春、遂に、
プランター菜園からではあるけれど、
自分の畑を持つことができました。

天給皆足というのは、そんな半農半X的な、
いわゆる農的暮らしを進めていく上での
コンセプトとして作った造語です。

その言葉に籠めた思いをご紹介します。

天給皆足の楽園を目指す

「天給皆足(てんきゅうかいそく)」

「自給自足」という言葉がありますが、
それとはちょっと違います。

「自給」ではなく「天給」としたのは、
分が食糧を供しているのではなく、
自然の摂理()が僕らに恵みを供して
くれている、ということ。そういう謙虚さ
を大切にしたいという願いがあります。

「皆足」としたのは、自分だけではなく、
が満たされ満するという願い。

まとめると、天の恵みで皆んなが満たされる
そんな楽園のような世界を実現する

ささやかでも、その一助となろうと

自然の摂理とは

よく「苗を育てる」なんて表現をしますよね。

でもよくよく考えると、本当に「育てる」と
言うことができるでしょうか。

実際に人間にできることは、その苗が育つ
環境を整えることくらいではないかと。
人間が苗を引っ張って、葉っぱを大きくしたり、
背を高くしたりすることはできない。

人間にできることと言えば、雑草を狩ったり
肥料をやったりといった、環境を整えて
あげることくらい。最終的には、苗たちに
育つ仕組みに頼るしかありません。
極論してしまえば、見守ることくらいしか
できません。
(それでも、大変なことは沢山ありますが。)

この、苗が自ら成長していく力のことが
自然の摂理、すなわち「」なのです。

あわせて読みたい

最後に

僕の農的暮らしのコンセプトとして
「天給皆足」という言葉を作りました。

その言葉に籠めた思いをご紹介しました。

ちなみに、この天給皆足という言葉は
オープンソースにします。気に入った方は、
遠慮なく使ってください。

仲間が増えたほうが、僕としても、
これ以上の喜びはないですから。

コメント

  1. […] 天給皆足とは天給皆足。これは、農的暮らしを進めていく上で考え出した造語です。この言葉に籠めた思いをお伝えします。tetsm17.com2020.08.30 […]

タイトルとURLをコピーしました