自分のジャッジを拾い上げる〜コーチングの事例検討会に学ぶ|クライアントさんに深いところから安心してセッションに向かってもらえるように

この記事は約3分で読めます。

とあるコーチングの事例検討会に、
僕が感じているセッションの課題を
持ち寄ったんです。

いくつか用意していたけど、その場が
進むうちに、どうやら、根っこは同じだ
ってことに気付いていきました。

より良いコーチングのために、自分に
ピン留めする記事です。

自信のある領域だった

僕がコーチングをさせていただく上で
大切にしていることがあります。

クライアントさんとノンジャッジな姿勢で
向き合うことでした。そうしないと、
相手は安心して、自分の課題を出すことが
できないと考えていたからです。

セッションに必要な信頼関係構築のために。

実際、「てっつーには安心して、何でも
話せる安心感がある」というフィードバックを
いただいていたので、その点には自信がありました。

見逃されていた大物がいた

ノンジャッジというのを、敢えて定義すると、
「自分の価値観に気付いていて、それを横に
置きながら、相手に向き合っている状態」です。

相手の方の価値観をフラットに受け止める
ことは上手く機能することができました。
だから、「安心して話せる」というフィード
バックをいただけたのだと思います。

その一方で、自分の価値観そのものをベースに
したものは野放し状態だったんです。いや、
野放し状態になっていることに、ようやく
気づけた、というのが、この事例検討会を
通じで起きたことでした。

自分のネガティブな反応に対して

自分の価値観として捉え始めている内容に
ついて、今の時点で気付いているものを
二つ書き残しておくことにします。

一つ目。

セッション中に、ふと疲れを感じた時に、
それは発動します。

こうなると、セッションが上手くいって
いないのかも、などと少し落ち込むことが
起きてきます。

疲れに限らず、気持ちが乗らないとか、
そういう一般的にネガテイブなものに
対して反応していました。

そこを避けようとしたり、見て見ぬ振りを
していたというか。

これが自分の価値観から出ている反応だと
見えていなかったんですね。

進化の定義の狭さ

二つ目。

コーチングというのは、「クライアントさんが
直面している進化の波に、スムーズに乗れる
ようにサポートすること」と定義できます。

その「進化の定義」が僕の中で狭くなっていた。

だから、その定義に当てはまらない(ように
僕には映る)ケースを目の当たりにすると、
何か違うという、一種のレッテルを貼ってしまう。

今思えば、過去に、この点を指摘されたことも
ありました。ただ、表現がクライアントさん
側の視点のものだったので、今一つ自分ごとに
できてなかったのです。

あわせてチェック

僕が参加しているコースは、動画視聴プランもあります。

動画で学ぶ/コーチング・ケーススタディ〜現場の事例を通してプロとしてコーチングの勘所を磨く|第1期(全4回分)
✅ 本当にクライアントさんに価値のあるコーチングを提供したい✅ コーチングをもっと良くしたい✅ 今のコーチングの質で満足したくない✅ もっと自信を持ってコーチングに臨みたい✅ 傾聴... powered by Peatix : More than a ticket.

最後に

クライアントさんに安心の場を用意する。

そのために、相手が持つ価値観にジャッジを
しないように心がけていましたが、その裏で、
自分の価値観のほうは扱えてなかったことに
気づいてきたということについて書きました。

書き終えて、感じていることがあります。

自分の価値観を小さくすることで、自分の
価値観に振り回されるリスクを小さくして、
やり過ごしていたかもしれないということ。
ということは、自分の価値観を、もっと
大切にできる可能性が出て来たとも言えますね。

嬉しい!

コーチングを通じて、さらに深く、ご縁の
あった方の前進をサポートさせていただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました