クライアントさんのメッセージは、言葉以外からも、ふんだんに届けられる

この記事は約4分で読めます。

僕の提供させていただいているコーチングは、
主に言葉をツールとして活用しているもの。
でも、実際には言葉以外の形でクライアントさん
から伝わってくるメッセージもツールとして
活用しています。

では、どんな形のメッセージが多いのでしょうか。
それは、意外なものかもしれません。

服装

まず挙げられるのが服装です。

服の色やデザインなど。ご本人としては、
特に理由も無く、その服を選んでいることが
殆どでしょう。せいぜい、寝間着はやめよう
程度のことでしょう。そこに、何かしらの
メッセージを含んでいることがあるのです。

例えば、こんなことがよくあります。

僕の経験ですが、セッションの時に、普段より
ダークな色合いの服でいらしたとします。
そんな時は、その方の体調がイマイチな場合が
多いです。

特に病気とかではないですが、疲れが溜まって
いるとか。そういう類のもの。

でも、そのことにご本人も気づいていないと
いうことも多く、セッションの中で、自分で
そのことに気づいていく、みたいなことに
なることが多いです。

背景や周囲の環境

基本的にセッションは椅子に座って始まります。

そうすると、その方の背後にある品々が、
何かを物語っていることがあります。

置物とか、照明の位置とかも。

最近はオンラインでのセッションも増え、
その方のご自宅の一室でセッションに
臨まれるという機会も増えたので、
そういうメッセージ性は、さらに顕著に
現われるような気がします。

先日、こんなことがありました。
(ご本人の了承をいただいています。)

そのクライアントさんは、ご自宅から
オンラインでセッションに臨んで
くださいました。

その時、特に家具なども映り込まない
ような壁際に腰掛けていました。

その壁は真っ白。しかも着ている服も白い。
画面は白づくしだったんです。
当然、ご本人も特に意識していたわけでは
なく、僕に指摘されて初めて気づいたのです。

セッションが進むにつれ、プライバシーでも
仕事の方面でも、

「やっと、自分の望んでいたスタート地点に
 立てた」

という、最近の歩みを、安堵感と共に、
しみじみと噛み締めるような内容に。

結婚式で女性が着る白無垢は、自分が
まっさらであることを表しているように、
そのクライアントさんが、まさに今、
まっさらな現在地に立つことができたと
いうことが語られていたんです。

こうして、背景や服装と、セッションの中で
語られる内容が一致していたことが見えて
きたわけです。

言葉だけでは味わえない深みを与えて
くれたエピソードでした。

最初の一言の中に暗示される

セッションの冒頭に、よく「チェックイン」
というのをします。

その目的などは、ここでは割愛しますが、
やることは、その瞬間の率直な感覚を、
とりあえずな感じで良いので、いったん口に
出しておくというもの。

内容的にセッションとは無関係なものが
出てくることが多いです。

今いる場所の感想であったり、
その日の出来事であったり。

でも、その内容が、実は、その後の中身を
暗示している内容になったりします。

先日こんなことがありました。

僕がセッションを受ける側の時のことです。

夕方のセッションだったのですが、その日の
ランチで、魚の小骨を喉に詰まらせたんです。
幸い、無事に飲み込めたのですが、何だか
食道に引っかかったような感覚が残っている。
そんなチェックインをしました。

その後、セッションが進むにつれて、パートナー
との関係について、僕の中で引っかかっている
ものがあったことが明らかになった、という
ことがありました。

何かが引っかかっているという暗示が、
魚の骨の出来事に含まれていたわけです。

あわせて読みたい

最後に

コーチングは、主に言葉をツールにしますが、
実際には言葉以外の形でクライアントさんが
発しているメッセージもあり、それをふんだんに
活用しているということの例を挙げてみました。

何事も偶然ではないということですね。
出来事メッセージあるということです。

かと言って、一つひとつに、「どんな暗示が?」
などと思っていると、行き過ぎになりますが笑

こういうことは、実は、セッションをさせて
いただく僕の側でも起きてきます。そういった
ものも含めて、豊かな場が紡がれていくのです。

コメント

  1. […] クライアントさんのメッセージは、言葉以外からも、ふんだんに届けられる僕の提供させていただいているコーチングは、主に言葉をツールとして活用しているもの。でも、実際には言 […]

タイトルとURLをコピーしました