良いコーチングにするためにクライアントさんと交わす最も大切な約束

この記事は約3分で読めます。

初めて僕のコーチングを受けてくださる方
には、初回に少し時間を余分に頂いて、
セッションをする上での互いの約束ごと
などをお伝えします。

その中でも、最も大切なポイントを
ご紹介します。

それは「素直になる」ということです。

ネガテイブな感情などOK

ここでいう「素直になる」というのは、
一般的に使われている意味合いも勿論
あります。

同時に、あまり一般的ではない側面もあります。

まずは、自分の感情や思いに素直になること。

ポイントになるのは、特にネガテイブな感情が
湧いてきてしまった時です。

例えばですが、僕の関わり方で、思わず
イラッとしてしまったとします。

皆さん、ネガテイブな感情表現することは
避けようとする方が多いでしょう。でも、
それを敢えて対話の場に出していただきたい
ということです。

もちろん、セッションは生き物なので、
全部が全部、出せるとは限りませんが、
少なくとも、そういう感情も表現して
OKであることを頭のどこかに置いて
おいていただきたいのです。

むしろ、そういうのは遠慮なく出して
いただいたほうが、セッションの中身が
より豊かになります。

とはいえ、僕も人間なので、感情のままに
ぶつけられてしまうと流石に痛い。。。
なので、二人の間に置くかのように、
「今の、イラッとしました」みたいに
表現していただけたら有り難いことは
有り難いんですけどね。

文脈を無視してOK

二つ目としては、対話の文脈よりも
湧き上がってくるものを大切にして
いただきたいということです。

湧き上がってくるものに素直になる
ということ。

例えば、すごくシリアスなテーマ
(例えば難病とか)を扱っているのに、
ふとした瞬間に何故か、全く関係無い
事柄(例えばバナナとか笑)のことが
頭に浮かんできてしまったとします。

そういうものも、出していただいて
OKなのです。

素直に場に出すことの二つのメリット

以上のようなものを素直に場に出す
ことのメリットは大きく二つあります。

カタルシスのきっかけになる

何か課題向き合わされている時、私たちは
往々にして視野狭窄を起こしている場合が
殆どです。

そんな時に、一見、無関係と思える内容
(バナナ笑)が何らかの刺激になって、
一気に視野が広がっていくということが
よく起きてきます。

視野が広がれば、当然、事態に対しての
視点も変わってきて、その結果として
解決・解消していく
ことが起きてきます。

もちろん、いつもいつも、そうなるという
わけでは無いのですが。

それでも、やはり、まるで直感のように
湧き上がってくるものには価値がある
場合が多いように感じます。

潜在意識の持つ力です。

エネルギーのロスを軽減する

一気に視野が広がらないにしても、
少なくとも、このメリットはあります。

例えば、その、バナナのイメージが
頭の中にずっと残っている。でも、
会話のほうに集中したい。

そんな時は、バナナのイメージに対して、
一生懸命に蓋をしなければなりませんよね。

それってエネルギーのロスになります。

感覚的には、水にボールを沈めるような
作業になります。沈めても沈めても、
また浮かんできてしまう。そんなことが
心の中で繰り返されていては、目の前で
展開している対話に100%集中できなく
なってしまいますよね。

だから、その浮き上がってきたイメージを
口に出すことで、「ボールを沈める」作業が
いらなくなるか、少なくとも軽減します。

つまり、会話に集中しやすくなる。

これは、ほぼ確実に起きることでしょう。

最後に

良いセッションにしていくために、最初に
クライアントさんにお伝えしている約束が
あります。その中で最も重要な点である
「素直さ」について書かせていただきました。

これは、取りも直さず、「自分に素直になる」
ということかもしれません。

同様に、コーチである僕のほうでも、素直に
なるように意識してセッションに臨んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました