「やりたくないこと」には2種類ある|より自分らしさを大切にしながら伸び伸びと生きるために

この記事は約3分で読めます。

あなたにとって、やりたくないことは
何ですか?

好きなこと、やりたいことをやるように
しよう。そう考えることはありますが、
思うように定まらない時、やりたくない
ことから探してみると、返って見えて
くることがあります。

「やりたくない」ことの活用法を
見てみましょう。

文字通りやりたくないこと

「やりたくないこと」と一言で言っても
実は2種類あるのが見えてきます。

一つ目は、文字通り、やりたくないもの

例えば僕の場合、大勢の人が集まっている
場所に行くこと
なんかが挙げられます。

でも、やりたくないことには、実はもう
一つの顔があります。

本当はやりたいこと

えっ、やりたくないは、やりたくない
ってことじゃないの?!

という声が聞こえてくるかもしれません。
(こないか笑)

もう一つは、本当はやりたいことです。

  • 人の目が気になる。
  • 過去の嫌な体験(特に子供時代の体験)と
    結びついている。

といった背景があり、表面的には
「やりたくないこと」として意識に
上がってきますが、本当は我慢して
いるだけ。本音ではやりたいこと、
というものです。

例えば僕の場合、苦手なものを苦手だ
って表現することがやりたくない
ことにありました。

リスト化してみる

やりたくないことを活用するには、
まずはリスト化してみることです。

この場合の最初の目標は、できるだけ
たくさん挙げること。

リスト化していると、出てきた項目に
対して原因や理由を考えてしまったり、
何とか解決させようとしたくなりますが、
そこはいったん我慢。

まずはリストアップすることに集中。

第一歩として。

リストアップしたら取り組むこと

リストアップされたら、そのリストにある
ことは極力やらないように自分にして
あげてください。

ただ、こういうことは、時と場合によっては、
周囲との軋轢につながる場合もあります。

そのための対策としては、普段から、自分の
やりたくないことリストを周囲に知らせて
おくことです。少しずつで良いので。

SNSやブログなどで発信されている方は、
そのリストを公開してみるのも良いです。

無理にどちらかを見分ける必要はない

リストアップしたら、本当にやりたく
ないことなのか、それとも本当は
やりたいけど我慢していることなのか。

その辺りが気になってきてしまいます。

経験からお伝えすると、そこを無理に
見分ける必要は無いと考えています。

こういう点は、オーガニックな変化を
大切にして、気楽に気長に取り組むのが
良いようです。

リスト化するということで、まずは、
それら手を付ける自由と、手を付けない
自由の両方
が手に入ります。

そんな中で、やりたくないことに敢えて
取り組んでみたくなる時が訪れます。

或いは、何かで強制的に向き合わされる
という形かもしれません。

その時がタイミングなんです!
そうなったら、是非、取り掛かってみて
ください。できるだけ間を置かずに。

次第に見分けられるようになる

「オーガニックに、タイミングがきたら
やってみる」を繰り返していると、次第に
どちらなのかが、何となく見えてきます。

それは、体感覚としての場合が殆どの筈です。
体が教えてくれるというか。

具体的には、鳩尾の辺りが重く感じたり、
体が縮まった感じがするとか、人によって
表現は違ってくると思いますので、その
あたりも観察してみると面白いでしょう。

分かるようになってきたら、それをどう
扱うかも自然と見えてくるんです。

最後に

やりたくないことには、本当は2つの顔が
あることについて書きました。

そこから、やりたくないことの活用法に
話が広がりました。

全体としては、時間をかけてじっくりと
取り組むくらいのスピード感で臨んだ
ほうが効果的かもしれません。

あなたにオススメ

ブログを始めたい方には、ブログカフェ。
僕のコーチングを応用して、ご自分に合った
書き方などを見つけるサポートをします。

気楽なイベントを随時開催しています。

ブログカフェ | ブログをやっている人/やりたい人、集まれ〜!
ブログカフェは、ブログ記事を書いたり、情報交換したり、ブログの悩みを話すことができる場を提供しています。 オフライン・オンラインで集まるコワーキングスペースのような場です。ブログを開設したい方やブログを書く仲間が欲しい、Wordpressの開設したい方も歓迎しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました