セッションで扱っているのは、セッションの時ではなく、その期間にある

この記事は約2分で読めます。

僕はの個人セッションは、セッション
とセッションの間も、ずっと続いている
と考えています。

むしろ、間の時間のほうが重要である
とも考えています。

直接話すセッションはチェックポイント

セッションの時間は、通常60分ほど。

クライアントさんによって違いますが、
短くても2週間程のインターバルがあります。

一見すると、セッションの時間が大事に
思われるかもしれません。

でも、冒頭にも書きましたが、本当に大事
なのは、間の期間。

ちょっと考えてみていただきたいのですが、
人が変わる時というのは、一瞬で変化する
ものでしょうか。

そういうことも無いとは言いません。

それでも、やはり変わるというのは時間を
かける必要がある場合が殆どです。

実際、セッションの期間を経て大きな変貌を
遂げることになったケースでは、多くの場合、
セッション以外の時間にも、色々と取り組んで
いた方のように見受けられます。

だから、直接お話しする時間は、変化の
始まるきっかけを作ったり、チェック
ポイントのような役割だと考えています。

コンディションを確認したり、変な癖が
出てないか見直してみたりも。

僕としても、色々と取り組みやすい環境が
整うように、提案させていただいたりです。

僕のほうでも関わらせてもらっている

僕自身も、間の期間もセッションが続いて
いるつもりでいます。

もちろん、文字通りのセッションではない
ですよね。

やっているのは、「祈り」に近いです。

クライアントさんにが、より着実に前進
できますように。
本当にやりたいことができますように。
本質的な変化が起きますように。

そんな感じで、直接のコミュニケーションは
殆ど無いですが、そういう「祈り」のような
ものをしています。

最後に

個人セッションで大切なのは、セッションと
セッションの間にあるということについて
書きました。

そうやって考えると、コーチングの料金は、
直接お話する時間をベースで提示されますが、
本質的には、契約期間中ずっとセッションは
続いていることになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました