HSPは、これからの時代に必要とされる人材です

僕自身、HSPの気質を持っていることは、度々、
書いてきました。HSP特有の感受性の高さは、
ややもすると否定的に見られることが多い時代が
続いていました。

これからは、HSPが必要とされる時代を迎えると
確信します。それは、多くのHSPが共通して
持っている願いに、時代が合ってきたからです。

目次

HSP共通の願い

さて、HSPにある共通の願いとは。

多様性が発揮されることです。

言い回しは、それぞれで異なるとは筈ですが、
多様性が発揮されること、
誰も落ちこぼれることなく、
居場所があって、生き生きとしている。

そんな世界を願っていること。それが
共通して抱いている願いです。

それは、自らがマイノリティーとして、
肩身の狭い思いをしてきたからこそ。

而して、改めて世の中を見てみると、
多様性とは正に、時代が求めていること
でもあるわけです。
ダイバーシティ。

HSPは生れながらに多様性が認められる世界
を願い続けています。
当人も気づいていない積み重ねがあります。
だから、これからどんどん求められていくで
あろう多様性について、貢献できるところが
多分にあるのです。

よくぞここまで頑張った!

冒頭でも、否定的に見られることが多かった
と書きました。否定 というのがHSPには
曲者。真っ向から否定されることは稀です。

大抵の場合、「もっと気楽に生きなよ。」とか
「そんなに神経質にならなくて大丈夫だよ」
みたいな。

HSPは、その言葉の背後に漂う否定感を、
必要以上に感じ取れてしまいます。それが、
HSPには一番応えます。ボディーブローの
ように、心にジワっと残るのです。

そんな状況を、よく生き延びてきたと思います。
自分を少しで良いので褒めてあげてください。
でも、その試練が報われる時代が訪れています。
一緒に胸を張りましょう。そして、自分らしく
在ることに専心していきましょう。

参考リンク

あわせて読みたい

あわせて読みたい
HSPのトリセツ。HSPの「理解してもらえない」という原体験が疲弊を助長する
HSPのトリセツ。HSPの「理解してもらえない」という原体験が疲弊を助長するHSPというの言葉ご存知でしょうか。Highly Sensitive Personの略で、生まれつき感受性が強かったり、人一倍繊細だったりする特徴を持ったタイプの人々のことです。 その特性からくる特有の生き辛さのため、ちょっとしたことで、すぐに疲弊したりしてしまうと言われます。その疲弊の原因になるものは幾つかあるのですが、今回は、特に人との(特に対面での)コミュニケーションでの疲弊を避けるコツについて、ご紹介します。
あわせて読みたい
HSPな人/内向的な人はゴロゴロすることを許してあげよう|コーチング的にみるゴロゴロの許可
HSPな人/内向的な人はゴロゴロすることを許してあげよう|コーチング的にみるゴロゴロの許可HSPの傾向がある方や、内向的な性格の傾向がある方は、そうではない方々と比べて、休息が必要な要素があります。 「ただゴロゴロする」ような時間です。 でも、それを自らの性質が妨げてしまうという悪循環に陥りがちになる傾向があります。 まずは、休むことに自分に許可を出してあげるところから始めましょう。
あわせて読みたい
夢や目標を持つのが苦手な方への夢を描くことのススメ
夢や目標を持つのが苦手な方への夢を描くことのススメ最近、改めて「夢を描く」ことの大切さを強調しています。 一言に「夢を描く」といっても、色んな形で説明されてます。その中でも、特に、夢や目標を持つことに苦手意識のある傾向のある、内向的な方やHSP気質の方にお届けしたい、夢を持つことのススメです。

最後に

HSPが共通して抱いている願いについて、
そして、これからは、それが世界から
求められていくであろうということに
ついて書きました。

まずは、自分を知り、自分を受け入れ、
自分らしくなることから始まります。
そして内面がシンプルになり、整う程に、
生きるのが楽になっていきますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる