【12月22日まで】全セッション1割引キャンペーン中! 詳しくはこちら

ミーニングノート週次振り返り|2022年第31週分

僕は「ミーニングノート(以下「MN」)」というノート術を日々やっています。

MNの特徴として週の終わりに、直近1週間の振り返り会を実施します。仲間とオンラインで集まって、互いにシェアしたりフィードバックしたりするのが醍醐味です。

そんな仲間内で振り返り会を受けての週次振り返りのアウトプットになります。

振り返り会の仲間を募集しています!
詳しくは、記事の最後にご案内しています。

今回は第31週(7月25日~7月31日)の振り返りです。

なお、個人的な振り返りの要素が大きいので、詳しい解説や背景の説明などは端折っていることが多々あります。気になる点があった方は、コメントまたは個別にご質問ください!

MNは、毎日「3つのチャンス」を綴っていくものです。詳しくは最後にリンクを貼っておきますので、そちらをご確認ください。

目次

週次振り返り

体調管理から自分を改める

7月の上旬から、体調に違和感を感じていました。この週に、そこに対して手を打つことができました。お陰で、峠を越した感覚があります。

結論的には大した問題も無かったのですが、原因の特定ができているわけではないので、引き続き、そこは究明に向けて少しずつ取り組んでいきたいところです。

そのプロセスで、やはりスマホ中毒状態になっている自分に向き合いました。できるだけスマホを触らないように切り替えています。体質的に電磁波が身体に影響を受けやすい傾向があるので、この点にメスを入れることができたことに成果を感じています。

仕事上、スマホを手放すのは難しいのですが、気質的に、スマホが与えてくれる刺激に中毒化しやすく、しかも、人一倍、そういうストレスに弱いという面もあり、痛し痒しなのですが。

同時に、体調の違和感という不本意な状況は、自分を成長させてくれるという一種の有り難さも感じられました。普段は扱えない自分の内側に触れる機会となるので、深い気づきを与えてくれます。

内面の紐解きが楽しい

前項の気づきを与えてくれるインスピレーションになっている本があります。

この本に限らず、著者の由佐さんが発信する内容のおかげで、今までより一段深いところで内面を紐解くことができるようになりました。正直、こういう内観や内側の紐解きをやっていれば幸せというマニアックなところがあります。ビジネスとか、どうでも良いと思えてしまうほどです。

単なるゲームのように見えてしまうんですよね。

お金を稼がずに、好きなことに日々取り組んでいることが、結果として生きる糧も与えてくれる。そんな生き方を手に入れたいと願っています。

オリジナルセッションのアップデート

オリジナルの個人セッション「ARC」を提供させていただいています。そのデザインをアップデート作業を進め、具体的な形が見えてきました。

前項でも触れた内面の紐解きの深まりのお陰で、ARCをデザインした当初の形では、何か収まりが悪い感じになってきたことが背景にあります。

古武術WSのキャンセル

7月31日に予定していた古武術のワークショップがキャンセルになりました。

講師の井上先生が、いわゆる濃厚接触者に該当してしまったということが背景でした。改めて日程を組み直して企画させていただく予定です。

まとめ(次週に向けて)

MNの2022年第31週の振り返りでした。

ARCセッションは、8月15日に新バージョンをリリースするので、その準備を引き続き進めます。

内面の紐解きも、テーマ感を感じているものが紐解かれ始めているので、そこを扱っていきたいと感じています。

それでは、新しい週もよろしくお願いします!!

関連記事

▼MNについて紹介した記事です。

▼毎週日曜の夜に振り返り会をやっています。随時、仲間を募集しています。

▼過去の振り返りの履歴はコチラから。

一人ひとりの根源からの声に従う、自分だけの自由な人生を歩みたい方をサポートするサービスを提供しています。

LINE公式アカウントにご登録ください!

ご登録いただくと、最新情報やメンバーだけの特別企画などのお知らせを随時お届けします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しい!
  • URLをコピーしました!

ご 案 内

新しいことを始めるためには、
前のものをちゃんと終わらせることも大切。

この1年をしっかりと振り返ることが、
自ずと新しい1年の流れをととのえてくれます。

でも、一人で振り返るのは意外と難しいもの。

できても、なかなか深いところまで辿り着けません。

個人セッションを通じて、
無理なく深いところまで扱うことができます。

この機会をご活用ください!

コメント

コメントする

目次