【12月22日まで】全セッション1割引キャンペーン中! 詳しくはこちら

ミーニングノート週次振り返り|2022年第34週分

僕は「ミーニングノート(以下「MN」)」というノート術を日々やっています。

MNの特徴として週の終わりに、直近1週間の振り返り会を実施します。仲間とオンラインで集まって、互いにシェアしたりフィードバックしたりするのが醍醐味です。

そんな仲間内で振り返り会を受けての週次振り返りのアウトプットになります。

振り返り会の仲間を募集しています!
詳しくは、記事の最後にご案内しています。

今回は第34週(8月15日~8月21日)の振り返りです。

なお、個人的な振り返りの要素が大きいので、詳しい解説や背景の説明などは端折っていることが多々あります。気になる点があった方は、コメントまたは個別にご質問ください!

MNは、毎日「3つのチャンス」を綴っていくものです。詳しくは最後にリンクを貼っておきますので、そちらをご確認ください。

目次

週次振り返り

やってきたことが間違ってなかった

縁あって、環境活動家である谷口たかひささんの講演会に足を運んできました。

谷口さんは、「知れば変わる」と仰る通り、その語る内容は、よくある講演家のように、その熱量(というか声量?)で語るのではなく、淡々と事実を語ってくれます。どう受け取るかは、受け取り手に委ねられているのが心地よい感じでした。

その上で僕が受け取ったのは、環境問題は、もう待ったなしというところまで来ているということです。ノアの箱舟の神話では水によって世界は滅ぼされましたが、現代は火によって滅ぼされそうな勢いに感じます。

でも、希望は残っていると言います。それは、何をするかではなく自分を正しく愛することから始まる、一人ひとりの成長というか、(谷口さんの表現ではないけど)“愛の度数を高める”ことにあると。

これは、正に僕がずっと考えてきたことでした。

ただ、独りで考えてきたことでもあり、どこか迷いもありましたが、背中を押してもらえたように感じています。

今年は、こういうふうに「これで良かったんだ」と、自分の内側にあるものを承認してもらえることが多いです。そんな流れなんですね。

対話で交流

ふとした瞬間に、「ああ、自分は人との対話というか、交流というか、そういうのがもっとあると良いのか」という気づきがありました。

こういう発想って、どこか自己否定的なものが混じるのですが、今回のは、とてもフラット。

そこで、目指せ100人ということで、周りの人たちと対話をしてみることにしました。

無理はせずに、飽きたり疲れたら止めます笑

まずはテーマとか決めませんが、対話してくださる方との“今”を分かち合うところから始めたいなと考えています。

面倒臭いの奥にあるもの

今更ですが、僕は、どうやら、とても面倒臭がりのようです。あまりにデフォルトで面倒臭がっているので、気づきませんでした笑

どこか、面倒臭いをやり尽くした感すらある昨今なのですが、それで気付かされるのが、「面倒臭いの奥に真実がある」ということです。本当にやりたいことや大事にしたいことがありそうなのです。

例えば「70年代生まれの対話コミュニティ」を作ろうというのがあります。書いているだけで、面倒臭い感が滲んできます……。

僕は70年代生まれに共通している役割があると考えています。現在のシニア世代と、“Z世代”に代表される若い世代の橋渡しをする役割です。両方の世代の気持ちが理解できることに、そのことが表れています。

一方で、当の本人たちにしてみると、どっち付かずの中途半端さに苛まれます。そんな“痛み”を分かち合いながら、その役割を共に果たしていく、共に背中を押し合えるようなコミュニティです。

あーあ、思いついちゃったから、やるしかない。

だれか、一緒に場を作ってくれないかな。

信念の置き換え

「信念の置き換え」のテクニックを学びました。

ここでいう「信念」とは、一般で使われているものと少し趣が違い、もっと広義なものになります。

一般的には「信任に従って行動する」などといった生きる上での指針などで使われます。

ここでは、もっと広いので、ややもするとネガティブなものも含まれます。

「自分は日本人だ」
「独りでいるほうが落ち着く」
「自分には価値がない/自分はツイてない」
「自分は飽きっぽい」
「こういう人が好き/嫌い」

などなど、挙げればキリがないですし、この「信念」を持っているのが人間です。

この信念は、ある段階では役に立ちますが、その段階を終えたりすると返って足を引っ張るものになったりします。そこで、似合わなくなった服から、別の服に着替えるように、信念を置き換えてみようというワークです。

何気なく取り組んでみましたけど、思いのほかパワフルに作用してくれています。肩の力が抜けるようになります。とはいえ、意外と疲れたりもするので、程々に楽しみながら取り組んでみたいと思います。

まとめ(次週に向けて)

MNの2022年第34週の振り返りでした。

面倒臭いの奥にある真実。ここに、面倒臭いをたっぷり感じながら、取り組んでみたいと思います。

それでは、新しい週もよろしくお願いします!!

関連記事

▼MNについて紹介した記事です。

▼毎週日曜の夜に振り返り会をやっています。随時、仲間を募集しています。

▼過去の振り返りの履歴はコチラから。

一人ひとりの根源からの声に従う、自分だけの自由な人生を歩みたい方をサポートするサービスを提供しています。

LINE公式アカウントにご登録ください!

ご登録いただくと、最新情報やメンバーだけの特別企画などのお知らせを随時お届けします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しい!
  • URLをコピーしました!

ご 案 内

新しいことを始めるためには、
前のものをちゃんと終わらせることも大切。

この1年をしっかりと振り返ることが、
自ずと新しい1年の流れをととのえてくれます。

でも、一人で振り返るのは意外と難しいもの。

できても、なかなか深いところまで辿り着けません。

個人セッションを通じて、
無理なく深いところまで扱うことができます。

この機会をご活用ください!

コメント

コメントする

目次