【12月22日まで】全セッション1割引キャンペーン中! 詳しくはこちら

ミーニングノート週次振り返り|2022年第44週分

僕は「ミーニングノート(以下「MN」)」というノート術を日々やっています。

MNの特徴として週の終わりに、直近1週間の振り返り会を実施します。仲間とオンラインで集まって、互いにシェアしたりフィードバックしたりするのが醍醐味です。

そんな仲間内で振り返り会を受けての週次振り返りのアウトプットになります。

振り返り会の仲間を募集しています!
詳しくは、記事の最後にご案内しています。

今回は第44週(10月24日~10月30日)の振り返りです。

なお、個人的な振り返りの要素が大きいので、詳しい解説や背景の説明などは端折っていることが多々あります。気になる点があった方は、コメントまたは個別にご質問ください!

MNは、毎日「3つのチャンス」を綴っていくものです。詳しくは最後にリンクを貼っておきますので、そちらをご確認ください。

目次

週次振り返り

内面的なアップデート

毎年、僕の誕生日(10/23)の前後にかけて、内面的なアップデートがかかるところがあります。

そういう特異日がある方って、珍しいのかな?

今年も例年通りありました。誕生日の10日前あたりから出てきているのは感じていましたが、全体としてボンヤリした感触でした。それがこの週の中でかなり言語化できてきました。

それでも、かなり抽象度は高いですけども、言葉にするとこんな感じです。

自分の情熱/素直な欲求に応えることが、結果として周りにも貢献になる。

自分の中で、この情熱に応えることは、周りを破壊するという恐れがありましたが、そんな蓋が取れてしまったし、このまま蓋がない状況を継続していくことを意図してきています。

▼今にして思えば、この記事から予兆はありました。

余談になりますが、振り返り会の中で気づいたことがあります。

この変化の予兆ともいえる夢を9/21に見ていました。この夢と同じシーンが、10/1に視たドラマ「力の指輪」第6話にあり、驚かされました。

そして、最終的に、自分の情熱を向けていきたい方向性がハッキリしたのが、10/28にIMAX上映で観た、映画ロードオブザリング王の帰還のワンシーンからでした。

力の指輪もロードオブザリングも、小説『指輪物語』がベースになった作品です。今回の変化の入口も出口も、同じところにあったというシンクロが面白かったです。

対話チャレンジ継続中

“対話チャレンジ”とか“対話マラソン”と呼んでいるプロジェクトのようなものをやっています。色んな方々と対話をさせていただく時間を積極的に作っています。

▼詳しい内容は、この記事をご覧ください。

この週を振り返っていると、この対話シリーズのフェーズが、今までとは違うところに入ったのを感じます。特に意図した順番ではなく、お互いに都合の合った日時に実施するのですが、順番的に近い方が、同じような気づきを与えてくれるのです。その気づきの内容を俯瞰すると、今までとは違う何かが出てきているのを感じています。

対話のほうは、ペースは落とすかもしれませんが、引き続き継続していく予定です。ピンときた方は気軽にご連絡いただけたら嬉しいです。

「“お金のブロック”崩し」というイベント第2弾へ

「“お金のブロック”崩し」というイベントを11/3に開催しますが、共同主催の外山さんと打ち合わせする中で、第2弾を開催する方向で調整を始めることが決まりました。

直感的なところですが、3日当日にご参加くださる方だけではなく、目に見えていない動きも感じられてきています。

▼イベントページはこちら

まとめ(次週に向けて)

MNの2022年第44週の振り返りでした。

内面的なアップデートの内容が、まだまだ抽象度が高いので、引き続きこのあたりの解像度を深めていくことを探求していきたいです。

それでは、新しい週もよろしくお願いします!!

関連記事

▼MNについて紹介した記事です。

▼毎週日曜の夜に振り返り会をやっています。随時、仲間を募集しています。

▼過去の振り返りの履歴はコチラから。

一人ひとりの根源からの声に従う、自分だけの自由な人生を歩みたい方をサポートするサービスを提供しています。

LINE公式アカウントにご登録ください!

ご登録いただくと、最新情報やメンバーだけの特別企画などのお知らせを随時お届けします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しい!
  • URLをコピーしました!

ご 案 内

新しいことを始めるためには、
前のものをちゃんと終わらせることも大切。

この1年をしっかりと振り返ることが、
自ずと新しい1年の流れをととのえてくれます。

でも、一人で振り返るのは意外と難しいもの。

できても、なかなか深いところまで辿り着けません。

個人セッションを通じて、
無理なく深いところまで扱うことができます。

この機会をご活用ください!

コメント

コメントする

目次