奥多摩移住物語~内なる声とシンクロニシティに導かれて

ライフストーリー
この記事は約12分で読めます。

ある男性が、ひょんなことから、直観に
導かれるように奥多摩への移住を決めるまでの物語。

ちょっと小説風に書いてみることにしました。

物語は、2017年の夏から始まります。

※こちらは、以前のブログに書いたもののリライト版です。

更新履歴

2020年3月31日:Part 5 追加

2019年12月7日:Part 4 追加

2019年9月9日:Part 3 追加

2019年8月29日:Part 1、2 追加

「内なる声」との出会い

(1)

その日、ボクが、その神社を訪れたのは、
ふと時間が空いたから。
ただ、それだけ
が理由だった。

天気の良い7月のある日のことだ。

その神社は、ボクが住んでいる地域
(昔の地名では武蔵国)の総社で、
初詣に行ったり、時にお祓いを受けたり。
厄年の時は、前厄から後厄まで、
ここで厄払いをしてもらってもいる。
要は、ボク自身にとっても、
お気に入りの場所なのだ。

いつも通り参道を進み、拝殿の前に立つ。

そして、お賽銭を投げ入れ、柏手を打つ。

普通は二礼二拍手(にれい にはくしゅ)と、
2回お辞儀をして、2回柏手を打つのだけど、
ボクはそれぞれ3回ずつするのが流儀。
このお参りの仕方は、ある友人から
教わったのだけど、別の友人から
聞いたところによると、昔は、みんな
ボクのお参りの仕方だったらしい。

まぁ、回数はさて置き、僅かな時間だけど、
手を合わせると、何かスッキリするような
感じがする。だから、神社を訪ねるのは
好きなのだ。

(2)

いつもなら、このまま神社を後する。
そして、まぁ罰当たりなことに、
神社に足を運んだことなんか、
あっという間に頭の中から追い出されて、

「どこのカフェに入ろうかな」

なんてことを考え始めるのが常。
もしかしたら、カフェに入るほうが
本当の目的なのではないかと、内心、
苦笑いしてしまう。

でも、その日は、いつもと違った。
ふと、境内の裏手に通じる道が
目に留まったのだ。

「おや?こんな道あったっけ?
何回もこの神社には来ているのに、
まるで、初めて視界に入ったかのような
インパクトを感じるな。不思議。まぁ、
せっかくだから、時間が無いわけではないし、
何があるのか見てみるかな。」

ボク自身の無意識の反応に興味が湧いた形で、
その道に足を踏み入れてみることにしたのだ。

そこで、まさか、そんな体験をするとは
予想だにしていなかった。

(3)

そこは、社殿の裏手へと通じる小道で、
小ぶりな社が幾つか並んでいた。

競馬場が近いのと関係あるのだろうか。
馬を祀っている社もある。
その一つひとつの前で手を合わせて廻る。

「ちょっと、あの馬の人形は、薄気味悪い
感じがしちゃうな。。。」

そうして社殿の裏手まで来ると、今度は、
ちょっとした林が広がっていて、
中には、かなり立派な大木も何本か
佇んでいた。その1本1本を見上げて、
ボクも佇む。そうして、また大木の下へ。

最後に、見るからに立派で、いかにもご神木
という感じのイチョウの木の下に佇んだ時だった。

突然、何の前触れもなく、

「お前は、」

と、頭の中で「声」がボクに呼びかけてきたのだ。

(4)

「お前は、来年の7月に引っ越すことになる。」

「はい?!」

突然のことだったが、
誰かの声が頭の中で響いているという
事実に違和感は感じられなかった。
というよりも、感じる余裕が無かったのだ。
その内容に衝撃を受けていたからだ。

「いやいや。ちょっと待ってよ!
まだ去年の9月に今の所に引っ越してきた
ばかりなんだよ。また2年もしないで
引っ越すなんて嫌だよ!」

ボクも、頭の中で応えた。

今の家に引っ越す前の所も、
僅か9ヶ月程で引っ越さなければ
ならなかったという経緯があった。

(しばらく、今の場所に腰を据えて住みたい。)

そう思っていたところだったから、
頭の中で声がしていることに
違和感を感じることよりも、
(引っ越すなんて、とんでもない!)
という心境のほうが勝っていた。

「お前は、来年の7月に引っ越すのだ。」

有無を言わさない感じだった。

(譲る気が無いな。。。)

「分かりました、分かりました。じゃあ、
百歩譲って、来年の7月に引っ越すにしても、
一体どこへ引っ越すっていうの?」

「出雲系の神社があることが目印だ。
我らのネットワーク利用して、その場所へ導く。」

確かに、この神社は出雲大社の主神・大国主が
祀られている。いわば出雲系の神社だ。
そんな神社で伝えられる内容だから、
妙な納得感がある。

言わんとすることは分かった。
と、これで唐突に始まった「対話」は、
やはり終わってしまった。

「どこに移ることになるのか、
もっと具体的に教えて欲しかったな。。。」

いずれにせよ、衝撃的な出来事だった。
独り神社を後にするボクの記憶には、
「来年の7月に引っ越す」こと。
そして「目印は出雲系の神社はがある場所」
という2つが深く刻み込まれた。

シンクロが起き始める

(1)

「同棲してみたいかも。」

ある日のことだ。
みひろが唐突に、こんなことを言い始めた。
彼女は付き合って1年ちょっとになる
ボクの恋人だ。

凄く中途半端な言い方をしているけど、
ボクの心は踊り立った。でも、まずは
いったん冷静に話を聴こう。

「でも、どうしたの?
そういうの、ずっと嫌がってたじゃない。」

彼女は、古風というか、保守的というか。
これは、付き合い始めて分かったことだけど、
手を繋ぐの一つ取っても、ある種の拒絶反応が
あって、それらを一つひとつクリアしてきた
過去がある。

(みひろは、一定の距離が必要な人。)それが、
僕の持っている、彼女に対するイメージだった。

そんなみひろが「同棲しよう」なんて
自分から言い出すなんて、驚天動地と
言っても大げさではなかったのだ。

「気持ちとしては同棲したくないよ。」

(やっぱり、そうなんだ。)

「でも、やってみないと分からないじゃない。
下手したら、このまま停滞させちゃうことになって、
それも、違うかなって」

「おぉー♪」

ちょっと。かなり嬉しいんですけど!

(2)

それからボクは、一緒に暮らす候補地を
探し始めた。今、住んでいる所は、
お互い東京の武蔵野だ。この地域で
探しても良いし、どこか全く違う所へ
向かっても良いし。

「そういえば、奥多摩はどうだろう?」

去年の夏に、みひろとの初めてのデートで、
初めて奥多摩を訪れて、何だか分からないけど、
その土地の何かに一目惚れしてしまったボク。
以来、何かしら理由を作っては、奥多摩に
足を運ぶようにしていた。

「移り住みたいなんて思ってたっけ。」

(3)

もっと言えば、最近はシンクロニシティも
続いている。

とある集まりに参加したら、隣の方が
奥多摩在住の方だったことがあった。

鳥肌ものだったのが、別の集まりで、
やっぱりボクの隣に偶々座ったのが、
とし子さんという、これまた奥多摩を
拠点にして、イベントを
開催している
という方だったこと。

とは言え、その場では、あまり
突っ込んだ話はできずに、
「また、ゆっくり話しましょうね~」
なんて言って、その場は別れた。

ところが、その2日後。

ふと時間ができたので、散歩がてら、
例の「内なる声」を聞いた

大國魂神社に何気なく足を運んだら、
バッタリとし子さんに会えてしまった
ことだ。

「これはもう、ボクが奥多摩に移住したい
 ということだけじゃないよな。
 むしろボクのほうが奥多摩に呼ばれている

 ような気すらしてきた。。。」

氣学

(1)

「やっぱり、7月に引っ越すべきだよ!」

突然みひろから、ちょっと興奮気味の
LINEが届いた。一体ったいどうしたんだろ?

「氣学で調べたら、来年7月に引っ越すのが
吉なんだって!滅多にないくらいの吉の
タイミングだよ!」

「氣学って何だっけ?」

「氣学って、昔の人が、いつ、どの方角に
移動したり、引っ越したりするのが吉なのか、
凶なのかについて占うやつだよ」

あー、あれのことか。

(2)

納得したら、傍と気が付いた。

「7月と言えば、一番最初に言われたのと
同じタイミングだね。まさか占いでも、
7月って出るなんて。それに、北西って
言えば、正に奥多摩方面じゃない?!」

今は、ネットを使えば、実際の地図上で、
その方位が具体的にどちらなのかを
調べることもできるらしい。

「みひろ、地図の調べ方を教えてよ。」

「えぇ~っ!? いいよ。」

相変わらず、天邪鬼だ。

みひろに手伝ってもらって、出てきた
地図を見たら、もう絶句してしまった。
単に奥多摩方面というだけではなくて、
奥多摩に向かって走る青梅線のルートが、
一度も逸れることなく、見事にスッポリと
収まっていたのだ。もう、ここまでくると、
驚くを通り越して呆れるしかない。

「こんなことって、あるか。普通??」

そう戸惑いながらも、

「もう奥多摩に引っ越せって言われてるな、これ。」

そんな予感も感じているボクだった。

「みひろは、自分は南西がどうのって
言ってるけど、一緒に引っ越してくれるのかな?」

ボクは内心、そんなことを考えていた。

予告された神社

(1)

今、ボクは、奥多摩に向かう電車に乗っている。
とし子さんが奥多摩を案内してくれるという。

思えば、彼女との出会いも不思議だった。

とあるワークショップに参加した時のことだ。
偶々ボクの隣に座っていたのが、彼女だった。

その場に来ていた共通の友人から

「彼女は奥多摩でイベントとかやっているのよ。」

と紹介してもらった。

その日は、隣の席のご縁で、一緒にワークをた。
そして、帰りに「今度、また会いましょう!」と
言い合って、その場は別れた。

その僅か2日後、運命的とも言える再会をした。

(2)

その日、ボクは、予定が思いがけず空いたので、
何気なく、単なる思いつきで、あの大國魂神社に
足を運んでいた。

一通り参拝も済ませ、近くのカフェに入って
SNSを開いたら、とし子さんが

「大國魂神社にいまーす!」

なんて呟いているのが目に飛び込んできた。

慌てて「ボクも大國魂神社にいます!」と
メッセージを送った。

数分後「一緒に、お茶しましょう!」と
返事を
くれ、合流をさせてもらった。

「今朝まで、近所のお不動さんを散歩しようと
 思ってたんだけど、何となく、こっちに
 来ちゃったのよね」

「呼ばれてるね~」と楽しそうに話していたけど、
 ボクは終始、鳥肌が止まらなかった。

その時のやり取りがきっかけで、今日、改めて
奥多摩で会うことになったのだ。

(3)

待ち合わせの沢井駅に着いた。

天氣は上々。

「いつも、ここに来ると、最初に神社に
 お参りするの」

と駅前の昔の街道をスタスタと歩き始める彼女。

歩きながら、音符が飛んでるような。

それに遅れないようにと着いて行くと、
白い石造りの鳥居が見えてきた。

八雲神社というらしい。

そういえば、最初に大國魂神社で

「出雲系の神社の近く住むことになる」

なんて言われてたな。

(4)

調べてみたら、八雲神社は、スサノオノミコトを
祭神とする神社だという。

スサノオノミコトはアマテラスの弟。

荒くれ者で素行が悪く、周囲の神々から恐れられ、
高天原を追放されたが、出雲に下ってからの彼は
それまでとは全く違う歩みをする。

それが、ヤマタノオロチ退治の神話などになって
いるのは、ご存知のことだろう。

「八雲」という名前はスサノオノミコトが
詠んだ日本初の和歌と言われる

「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに
 八重垣作る その八重垣を」

にちなんでいるという。

つまり、「八雲」というのは出雲を意味する
ということだ。

大国魂神社で伝えられたのは、この神社?!

(5)

「この辺りは、地元の酒造が殆どの土地を
 持っているって噂。多分、そことの繋がりが
 無いと、簡単には物件は借りられないと思うよ。」

とし子さんが教えてくれた。
確かに、不動産の情報を見ても、沢井の近辺は
全く物件が出てこない。

「ここかもしれない」という予感から、
前進する雰囲氣が何だか出てこない。

「違うのかなぁ」

ボクは軽い焦りを覚え始めた。

住む場所が向こうからやってくる

(1)

年が明けて2018年を迎えた。

年明け頃から、ボクは仕事の関係で
新しいチャレンジをしている。

そのプロセスで、その道の先輩方と話しを
させてもらってきている。今日はその流れで、
同業の先輩の一人、ふみさんに時間を作って
もらい、オンラインで色々と話を聴かせて
もらうことになっている。

「ふみさん、こんばんは。」

「どうも、こんばんは。よろしくね。」

「いえいえ。こちらこそ、お時間をいただけて
 嬉しいです」

ま、先輩の話を聴こうということではあるが、
現時点では具体的なテーマがあるわけではない。
シンプルに先輩と接することで、その方から出る
エッセンスを体得しようくらいの意図があった。

だから割と雑談的な雰囲気で始まったのだが、
しばらくして、ふみさんが思い出したように、

「ところでさ、キミって奥多摩に引っ越し
 たいんだって?」

「え? あ、はい。そうなんですよ。」

若干、苦笑気味に答えた。

内心、近頃、こうやって勝手に奥多摩の話題が
出てくるようになってきたな。でも今日は、
その話がしたいわけじゃなかったのに。

なんて少し残念な気持ちになったのだ。

「オレの知り合いで、さちこちゃんって子が
 いるんだけど。」

「はい。」

「彼女は今、奥多摩に住んでいるんだけど、
 そこから引っ越すから、代わりに住む人を
 探してるって言ってるんだよね。よかったら
 紹介しようか?」

「え、マジですか?!」

流石に、そんな話があることは全く予想だに
してなくいので、驚いてしまった。

「それは是非、繋いで欲しいです!住む場所を
 見つけるのが一番のネックだったんですよ。」

「じゃあ、今度、繋がせてもらうね」

(2)

そうこうして、その対話を終わった数分後、
そのふみさんからメッセージが届いた。

「どうしたんだろう?」

『つい今しがた、さっき話した、さちこちゃん
 からオレのほうに、たまたま連絡があったよ。
 ちょうど彼女のことを話してたばっかりだし、
 早速、繋がせてもらうね。』

なんというタイムリーさだろう!

こうして、運命の歯車が目に見えて回り始めた
のを感じ始めた。

(3)

それから数日後、さちこちゃんと話をする
日を迎えた。

お互い、はじめましての挨拶を済ませ、
早速、彼女の状況とかを聴かせてもらった。

家の様子とかロケーションとか。

「なるほど。ちなみに、さちこちゃんは、
 奥多摩でどんなことをしてきたんですか?」

「そうですね…奥多摩に人を招かせてもらって、
 奥多摩の魅力をお伝えすると同時に、
 自分らしく生きるヒントも見つけてもらえたら
 って思って、色々とイベントを催したりですね。」

「マジか!ボクが奥多摩に行ったらやろうと
 思っていることにソックリですよ、ソレ!」

鳥肌がゾワゾワと全身に広がるのを感じていた。

ああ、この人の住んでいた家を引き継ぐのは、
本当に運命かもしれない。

(4)

数日後、興奮冷めやらぬ状態ではあるが、
時間が経って、ボクは少し冷静さを取り戻し
つつあった。

と、同時に、少し迷いも生じてきていた。

そんな中、スマホで、さちこちゃんから聞いた
家がある川井周辺の地図を眺めていた。

そしたら、ふと、家の近くに神社のマークが
あることに気づいた。そのマークをタップして
みると、「八雲神社」という名前が飛び出てきた。

「うわ、こんな所にも八雲神社があったの?!」

沢井にあることをは既に知っていたが、そこから
さほど離れていない川井にもあるなんて!

「ああ、やっぱりここが最初に予告された
 場所に間違いないな」

そう確信したボクは、腹をくくることにして、
さちこちゃんに、自分がそこに住むことにした
と連絡をするためにメッセージアプリを開いた。

(つづく)

あとがき

いかがでしたでしょうか。
小説風に書くという初の試みですが、
書いていると、いつもと違う感覚が
新鮮で面白いです。

少しずつ書き足していきますので、
続きをお楽しみに☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました