田舎への移住が向いているかどうかをチェックする簡単な方法

メッセージ
この記事は約3分で読めます。

都会を離れ、田舎への移住を考え始めている
という方が増えていると思います。では、
ご自分が地方で暮らすことが向いているのか
どうかの判断基準を、一つご紹介します。

なお、念のため書き添えておきますが、
本稿での「田舎」は、生まれ故郷を必ずしも
表すわけではなく、都会の対義としたものです。

今の状況と妄想を加えて、どう感じるか

ご紹介したい基準はとてもシンプル。

コロナウイルスに端を発した今の情勢を
どう感じているか、です。

まず、お店はやってないから、出かける
と言っても、散歩するくらい。

目的地がはっきりとあるわけでもない。

強いて言えば風を感じながら歩くくらい。

そういえば鳥の声が前よりよく聞こえる
ようになった。

そんなふうに感じている皆さん。

ここに少し妄想をしてみてください。

もし、今がコロナウイルスの問題や心配
だけが存在しない状況だったら…?

「あ、意外とこういうの悪くないかも!」

みたいに感じられた方。

田舎への移住を前向きに検討してみて良い
と思います。

逆に、退屈極まりないみたいに感じられたら、
もし移住の案があっても、一旦脇に置いても
良いんじゃないでしょうか。

 

誤解を恐れず、すごーくザックリと表現すると、
田舎には、そもそもお店や娯楽が少なく、
夜になれば出かける人もまばらです。

一方で自然は豊かに残っている。

何が言いたいかというと、自粛要請で生じてきた
状況は、田舎では以前からあったことであるとも
言えるわけです。

だから、この状況をポジティブに受け止める
ことができているなら、移住しても、
それなりに楽しめるのではないでしょうか。

都会を離れても、意外と同じかもしれません

今の状況が、いつ頃、どういう形で
落ち着くのかはまだ分かりません。

ただ、今後、都市に人口が集中することに
対する価値が見直され、地方や田舎に
分散することが進む。それだけは間違い
ないでしょう。

実際、テレワークが広がりましたから、
田舎や、なんなら海外に住みながら、
都会の仕事をするということができる
ようになりました。

オンライン飲み会とかを企画すれば、
離れていても、親しい友人などとの
交流は、一定程度以上可能です。

もし、この状況が10年以上前に発生して
いたとしたら。このような可能性を
感じることはできず、単純に人々が
分断されるだけだったかもしれませんね。

最後に

都会を離れ、田舎で暮らす。

そんな選択をするファーストステップとして、
簡単な見分け方をご紹介しました。

もちろん、この後にも多くのステップが
ありますから、この判断だけで田舎への
移住を決めることはオススメできません。

安易に移住を勧めるなという厳しいご意見を
抱かれた方もいらっしゃるかもしれません。

とは言え、田舎に暮らしてみるという妄想を
抱いてみる。そして、晴れて移動制限が緩和
されたら、気になった地域に足を運んでみる
というのも面白そうじゃありませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました