地域通貨は楽しい!〜阿蘇の地域通貨を使ったイベントに参加して

地域通貨で〜らが使える場として開催された「で〜ら祭り」に遊びに行ってきました。

地域通貨のことは、これまでも知識として触れることはありましたが、初めて実際に使ってみる経験ができました。

初めての経験で、その魅力の半分も味わえていない感覚も覚えつつ、でも、色々感じられる素晴らしい機会となりました。

今の感じを綴っておきたいと思います。

目次

地域通貨は従来の通貨を補完するもの

当初、僕は、「地域通貨は従来の通貨に対するアンチテーゼ」的なイメージを持っていました。

実際に自分で使ってみたり、使われている場面を目の当たりにして感じたのは、その認識は完全に誤りだったということです。

実際に僕の目の前で起きてきたことは、従来の通貨に対するネガティブなイメージが癒されるということです。

地域通貨を使う人々にとって、来の通貨を使う時の心情に、明らかに好影響を与えているのです。

ある方が「ずっと、お金が嫌いで嫌いで。もういっそのこと山に篭ろうかくらいに思ってたんだけど、今日の体験で、『お金は使って良いんだ!』って思えるようになったんです!」と興奮した表情で僕に話してくれたのが印象に残っています。

涙が出る程の体験だったとか。

この様に、地域通貨を使うことで、お金に対するイメージが変わることから、互いに補完し合う関係にあるんだなというのが見て取れました。

「お金」というものに対する集合意識から、少し離れて、それを客観視することができるということが大きいのでしょう。

新しいチャレンジをしやすい

私たちが何か新しいことを始める時、そこには大なり小なりのハードルを感じます。地域通貨があると、新しいことにチャレンジする上でのそれを下げることができます。

  • 好きなことだけど、お金を頂くほどじゃない。
  • 新しいスキルを身につけたけど、お金を頂くには、まだ自信も経験も不足している。

こんか感覚を和らげるというか。

例えば、(何でも良いんですが)コーヒーの焙煎を覚えたから、それを振舞ってみたい、といったようなこと。単に趣味に留めずに、もう一歩踏み出した行動がしやすくなる。

それはまた、周囲にとっても好材料になります。

その人が好きなことを知ることになるので、ちょっとしたことを頼みやすくなるわけです。

「今度、お客さんが来るからコーヒーを淹れて」みたいに。

そうすれば、こちらも、わざわざ苦手なことをする必要が無くなって、お互い心地良い。

そんな時にまた、お礼として、地域通貨が使えたりもするわけです。

感謝の気持ちを伝える手段として。

また、感謝を受け取るということもやりやすくなる

何より、地域通貨はただ使う側だけではなく、稼ぐ側に立たないと、地域通貨の本当の楽しさは分からないのではないかと思うわけです。

(別に趣味に留めることを否定しているわけではありませんよ。念の為。)

「で〜ら祭り」は、熊本県菊池市にある養生伝承館という古民家で開催されました。

地域通貨「で〜ら」について

滞在した南阿蘇には、「で〜ら」という地域通貨が出回り始めています。

2019の夏に始まったこの動きは、少しずつ広がりを見せています。

カルデラのデラから名付けられたそうです。

現代において、お金があまりに優先されている。

そのため、心のやり取りが忘れ去られ、お金のやり取りが冷たいものになっている。そんな現代特有の冷たいやり取りではなく、温かいやり取りで、お金が巡る感覚を味わうため。

限られた地域内でしか流通しないものだから、地域で交流することになり、自ずと地域の人々が繋がるきっかけになる。

僕の解釈も入っていると思いますが、そんな願いを込めて立ち上げたそうです。

で〜らは、紙幣型で、100で〜ら紙幣と500で〜ら紙幣が発行されています。

ユニークなのが、自由に落書きができる紙幣があること。落書きをすることで、上の写真のように世界で一つの紙幣が出来上がります(子供が大喜びで描きます)。これを使うと、使った紙幣が、巡り巡って戻ってきたりする。

「あ、この前使ったやつだ!」

こうやって循環が感じられると、また楽しい。

併せて視たい

約20年前のものになりますが、地域通貨について紹介されているNHKの番組です。

ちょっと難しいところもありますが、理解から入りたい方にはオススメです。

最後に

地域通貨で〜らを初めて実際に使ってみての僕の感覚を書きました。

ずっと取り組んできた「ギフトに生きるワークショップ」で学んだことや、最近、目にする機会が増えた「ギフトエコノミー」にも通じる感覚があります。何れにせよ、新しい時代の流れが感じられる体験でした。

で〜らの終わりに、荷物が多くて片付けに時間のかかっている出店者の方の手伝いをしました。そしたら、「これはお礼」って300で〜らを手渡してくれました(下の写真)。

これが妙に嬉しかったなぁ。

併せて読みたい

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる