Kungber コンデンサーマイク、PCマイク〜コストパフォーマンスに優れ、エントリー向けとして大満足|デフォルトのマイクと音質も比較

Kungberコンデンサマイク

オンラインでのセッションや打ち合わせ用にKungberのコンデンサーマイクを導入しました。

購入してみて、大満足。コストパフォーマンスにも優れた本機についてレビューします。

PCに標準で搭載されているマイクとの音声比較も後半でご紹介します。

スペックについては、こちらのリンクから飛んでいただければ。

目次

開封の儀

僕の感想

紹介文にあるように、しっかりした作りをしていて安っぽさは感じさせません。想像よりも良かったです。

ポップフィルターの他に、スポンジ素材のマイクカバーも付属していて、ノイズの軽減に配慮がされているのも好感。

重心も高くならないように工夫されている感じで、ちょっとしたことで簡単に倒れたりということもありません。

強いて難を挙げるとすれば、ポップフィルターのケーブルに、もう数センチで良いので長さがあると使いやすかった気がする。現状だと、ほしい位置にするのに少しコツがいる感じ。

もう一つは、この後に紹介する録音の比較を聞いてもらえればと思いますが、若干のホワイトノイズが入ってしまうこと。

とは言っても、僕の用途では、さして問題にはなりませんし、必要ならアプリでフォローできる範囲です。

音声の比較

参考までに、今回ご紹介しているマイクでの録音と、PC(Mac Book Air)に標準搭載のマイクでの録音を貼っておきます。

最初が、今回ご紹介のマイクで録音したもの。

次↓↓が、内蔵マイクで録音したもの。

導入のきっかけ

僕は仕事柄、オンラインで個人セッションなどをさせていただいています。

セッションでの僕の役割の一つに、クライアントさんに言葉を届けるという部分が多分にあります。

それを思うと、やはり、PCなどに標準で搭載されているマイクよりも、ちゃんとしたマイクを使いたい。少しでも、よりクリアな音で言葉を届けたいと考え、導入しました。

商品紹介ページ

まとめ

先日導入したKungberのPC用コンデンサーマイクのレビューでした。

感想を書きながら、改めて大満足の買い物だったと感じていますし、オンラインでのセッションや打ち合わせが、より楽しく感じられています。

相手にも、今までよりもクリアに声が届いていれば何より嬉しい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる