ギフトに生きるワークショップ Vol.2を開催しました

この記事は約6分で読めます。

2019年8月24日。

「ギフトに生きる」の石丸弘さんを
スピーカーにお迎えして、シリーズで
開催させていただいている
「ギフトに生きる」ワークショップの
第2回を開催しました。

今回のサブテーマは「ギフトのビジョンを描く」。

今回は、何と当日の朝に参加を決めて、
奥多摩まで飛んで来てくださった方も
いらっしゃり、総勢6名もの方が
ご参加くださいました。

お陰様で大盛況でした!

ギフトの感覚を呼び起こすところから

ワークの最初は、自分が「ギフトしたこと」と、
「ギフトしてもらったこと」をリスト
アップするワークで、「ギフトの感覚」を
呼び起こしていきます。ここでは
「したこと」でも「してもらったこと」でも、
まずは思いついたものを、ジャッジせずに
書き出します。

特に現代の日本人は「ギフトしたこと」に
自覚的になるのは不得手な方が多いかも
しれません。
思いつかない時は、「喜んでもらえたこと」や
「人から頼まれたこと」などを出していくと、
掴み易いかもしれないというアドバイスも
ありました。

このワークをすると、皆さん、狐につままれた
ような顔をし始めるのが面白いのです。あは。

ただし、その表情の意味するところが、
最初は「これでいいのかな?」だったのが、
次第に「これがギフトだったんだ!」という
驚きに変わっていくんですけどね。

僕も一緒にワークをさせてもらって、
先日のキッズキャンプのことを
思い出しました。
(後でリンクを貼ります。)

最初は少し距離があった子供たちが、
次第に遊び相手になってくれた体験。
これって、遊んでくれたという「ギフトを
してもらったこと」として受け取っていました。
でも、同時に、遊び相手になってあげられる
という「ギフトしたこと」でもあったんだな
と。「存在がギフト」のような。

ギフトのビジョンを描く

そして、いよいよ今回の本題である
「ビジョンを描く」にチャレンジ。

3年後、5年後、10年後。
どのタイミングでも良いのですが、
理想の未来像をリストアップして、
その時、どんな「ギフト」をあなたは贈り、
また、受け取っているのでしょうか?

ちょっとコーチング的なアプローチで、
みんなで、このワークに取り組みました。

ワークが終わったら、ペアになって
シェアます。
みんな何だか話すのも聴くのも楽しそう。

僕自身は、3年後をイメージしてみました。

そこで僕がしているギフトは、人が僕を見て、
「あ、こんな生き方もできるんだ」みたいに
感じて、その人が、自身の可能性が広がって
いくように感じられる。
そんな存在になれたらと思い浮かべました。

その為には、自分らしく、新しいことに
チャレンジし続けることが大切だなぁって、
書きながら感じちゃいました。

あくまで自分らしい形でね。

5つの愛の言語

今回のワークショップで、スピーカーの
石丸さんがシェアしてくれた智慧を
ご紹介します。

その一つ目が「5つの愛の言語」。
愛の表現には、5つのパターンがあると
言われているということです。

ご家族やパートナーから、以下に挙げる
5つのパターンの内、どれをしてもらうと、
より相手からの愛を感じるのか。
それが、バロメーターのように、一人ひとり
濃淡が異なるということです。

  • 物をもらう
  • 一緒の時間をすごす
  • 手伝ってもらう
  • 言葉をもらう
  • 触れること

あなたは、どのパターンだと、より強く
相手から「愛されてるなぁ」とか、
「大切にされてるなぁ」みたいに
感じられますか?

また、自分が愛情表現をする時も、
相手がより強く感じられるパターンを
使うと、より喜んでもらえるので、
こちらとしても嬉しいですよね。

こうやって、世界に愛の循環を
増やしたいものです^_^

ちなみに、この5つに優劣は
ありませんのでね。

プラスとマイナスを相殺しない

2つ目の智慧も教えてくれました。

物事には、陰と陽があります。
嬉しいことがあれば、その陰には
何らかの犠牲が伴っている、みたいに。
その陰と陽を、自分の中で相殺しないと、
より人生が彩り豊かになるというもの。

例えば、会社に勤めていて、お給料を
定期的にいただいているとします。
この時に、「お給料を貰えて嬉しいな」と、
「毎日、会社に行って働くのは大変だ」
というようなものを、それぞれ別々に
持つようにする。

それに対して、「労働をしているのだから、
給料を貰うのは当然だ」とするのが
「相殺」している態度の一例。

これでは「大変さ」で給料を貰える喜びを
相殺していて、「嬉しさ」を感じるところが
飛んでいってしまっているわけです。

こういうことを避けようというもの。

ワークショップの前後は奥多摩の自然で遊ぶ

このシリーズの、もう一つの楽しみは、
ワークショップの前後の時間に、
奥多摩の自然で遊ぶことです。

とかく、山登りで訪れる場所という
イメージがある奥多摩。
でも、もっとライトな楽しみ方も沢山
あるので、それらを楽しんでいます。

渓谷を歩いたり、
裸足になって川に入ったり。

時間と共に、皆さんの表情が
緩んでいくんですよね。
川に入った時なんか、最初は
「冷たい!」とか「足が千切れる!」
なんて言ってたのに、いつの間にか
「いい気持ち~!」なんて言葉が
出てくるようになります。

何なら、奥多摩産のクラフトビールに
舌鼓を打ったりも。

いただいた感想

参加者の方からいただいた感想をご紹介します。

ギフトについては、得ることが大きずて、
まだ体に馴染んで言語化できない。でも、
何気なく過ごす日常もギフトで溢れている
ことに気付かされた。

自分が、ただそこにいることさえも
誰かにとってはギフト。今ここにいる
自分は、誰かからもらったたくさんの
ものできている。叱責されたことも
巡り巡って、今の自分にしてくれた
大きなギフトだった。

思いがけないもので、自分がギフトして
いたことに気付けて、新鮮な驚きと
喜びがあった。自分がただいるだけ
なのに、誰かのギフトになっている。
そんなことに気づけている自分を育みたい。

次回のご案内

次回、第3回は「ギフトのシナリオを創る」
というサブテーマで開催します。しかも、
何故か2回開催するという謎の日程に
なりました。どちらも基本的な内容は
同じになりますが、恐らく少しずつ違った
内容になると思います。
(両方来るのがおススメ!という意味です!笑)

日程は以下の通りです。

▼9/8(日) 13:30~16:30

▼9/21(土) 13:30~16:30

会場は、どちらも青梅市御岳交流センター
(JR御嶽駅から徒歩2分)になる予定です。

参加をお申し込みの方は、
DMでご連絡ください。

あわせて読みたい

ギフトに生きる・ワークショップ in 奥多摩シリーズ Vol.2〜ギフトのビジョンを描く〜に参加して、ギフトは自然な持ちつ持たれつ!
それは、持ちつ持たれつ生きていくこと。自分が持ちうるものを提供することであり、自分に起きたことを自然に受け入れること。対価を得て生きることも大切にしつつ、ギフトという視点で物事を見ていくことで、また普段の何気ない生活が豊かに見えてくるものなのだと感じました。

最後に

「ギフトに生きる」ワークショップVol.2の
開催報告でした。

今回は、人数も多めということもあり、
参加者同士の対話やシェアが充実した
プログラムになりました。コーチングに
携わっている人間としては、やはり
対話が充実するのは嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました