「ギフトに生きる」ワークショップのご感想をいただきました!【リブログ】

この記事は約2分で読めます。

2019年8月24日に、開催した
「ギフトに生きるワークショップ」に
参加してくださった小説家のみずしーさんが、
ご自身のブログに、その時の感想をまとめて
くださいました!

やった!最高かよ!

嬉しいので、リブログします☆

みずしーさんの感想ブログ

まずは、そのブログをコチラに貼りますね。

ギフトに生きる・ワークショップ in 奥多摩シリーズ Vol.2〜ギフトのビジョンを描く〜に参加して、ギフトは自然な持ちつ持たれつ!
それは、持ちつ持たれつ生きていくこと。自分が持ちうるものを提供することであり、自分に起きたことを自然に受け入れること。対価を得て生きることも大切にしつつ、ギフトという視点で物事を見ていくことで、また普段の何気ない生活が豊かに見えてくるものなのだと感じました。

ワークショップを受けるまでは、
ギブがあるからテイク(ギフト)が
あると思っていました。

僕は、この一言にドキッとしました。

僕自身、このワークショップを何回も
開催させていただくことで、だいぶ
理解を深めていたつもりでした。

でも、ギブ&テイクを未だに意識している!

そのことを、突き付けられた気がしました。
現代の、一般的な価値観とは、時として
真逆のベクトルを持つのが、この
「ギフトに生きる」の提案する生き方です。

だからこそ、ワークショップとして
提供させていただいているのですが、
いつの間にか、一般的な価値観に
流されていたなと感じたのです。

あわせて読みたい

最後に

「ギフトに生きる」ワークショップに
ご参加いただいた、みずしーさんが
ブログにまとめてくれた感想でした。

他の方の感想に触れると、また新しい
刺激を貰えて、広がっていく感じ。

嬉しいですね。
これもギフトですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました