R.A.D.が動き始めました|リーディングとアートと対話の奇跡のコラボレーション

この記事は約4分で読めます。

2020年9月。新しい試みが始まりました。

リーディングアート対話のコラボで、
自分の中に埋もれている本当の自分に
出会う
という斬新なセッションです。

まずはモニターというな感じで、人を
お招きして実際にやってみましたが、
それは想像以上の体験になりました。

始まり

きっかけは、この企画でアート担当の
しょこたんから声をかけてもらった
ことでした。

リーディング担当になるなっちゃん
一緒にリーディングとアートとの企画を
やっていたのだが、そこに僕の対話の
要素を織り込んでみたいというもの。

それは、僕としても願ってもないものでした。

というのも、以前からリーディングの持つ
可能性は知りつつも、ちょっと物足りない
側面があることも否定できずにいたから。

リーディングの特性上、仕方ないことだけど、
「コーチング的な関わりが加味されれば、
 もっと可能性が深められるのに。」

実は、何年も前から、そういうことを
考えていたのです。

そんなわけで、即快諾。

その後、オンラインで3人揃って話す機会を
作ってみたら、秒速で意気投合(笑)
自分たちも驚くほどの速さで企画が決まって
いったのです。

RとAとDが持つ価値

なっちゃんのリーディングの特徴は、
受ける方の本質を色として受け取り、
それを言葉にして表現すること。

そこで紡がれた言葉を基に、しょこたんが
ライブ・ペインティングでイラストに
落とし込んでいく。

その流れの穏やかで美しいこと。

しょこたんが普段描かないようなモチーフが
何故か出てきたりして、描いている本人も
驚きながら描いていることも多いとか。

とにかく、見とれます。
これだけでも一見の価値アリ。

その前半部の内容を踏まえて、僕も加わり、
受けてくださっている方との対話をする。
そうすると、更に色鮮やかさが増していく
わけです。

主催しての感想

感想としては、

「やってるこちらが、めちゃくちゃ楽しい!」

手前味噌だけど、僕ら3人と参加者の方の
一体感が堪らない。

やっぱり、対話パートがあって良かったって
感じるのは、受けてくださったご本人が、
リーディングの中で意外に感じていたり、
ちょっと理解が追いつかなかった部分を、
フォローアップできること。

自由に感性の翼を広げながら。

目の当たりにしたこと

リーディングを受けていると、時として、
どうしてそんなことが出てきたんだろう?
みたいに不思議に感じてしまうことが
あります。通常だと、そのまま忘れられて
しまったりすることもあります。

そこを対話があることで、肚落ちできるように
掘り下げていくことができる。

そうすると、「ああ、そういうことか!」と
なったり、「えっ、自分にそんな可能性が?」
という発見に繋がったりする。
(もちろん、掘り下げなくても良い。)

しかも、絵を持ち帰ってもらえるので、
日常に戻ってからも、あの場で起きたことが
深まっていく。

なんてパワフルなんだろう!

詳しくはコチラ

イベントの情報や参加の申し込みはコチラから。

Reading Art Dialogue〜自分の中に埋もれている本当の自分に出会う〜
の3つに触れることで、本来の心地よいあなた自身に戻っていくプロセスをお手伝いするものです。

最後に

Reading Art Dialogue(略してR.A.D.)
という新しい試みを始めたことについて
書きました。

瞬時に3人がまとまり、あっという間に
始まったこの企画。こんなことができたらと
思ってはいたけど、実際に実現してみたら、
やっぱり素晴らしい!

今はまだ、お試し期間な感じで、主催者も
手探りなところもあるけど、とりあえずで
始められるメンバーで良かった。

今後の広がりが楽しみです。

左から、しょこたん、なっちゃん、てっつー

追記

ちなみに、僕もReading x Artだけを体験して
みましたが、以前から僕を知るしょこたんも
「ああ、てっつーだなぁ」と感じる内容が
語られました。
(なっちゃんは、そこまで僕のことを知らない)

  • 緑の多い場所に行くと癒される
  • 同時に、緑の中にいると
    インスピレーションが得られる
  • 多くの人が「北極星」に向かって
    歩んでいけるように導きたい。
    (人それぞれの北極星がある。)

そんな内容でした。

そして、そこで描かれた絵を最後に
貼っておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました