阿蘇とのご縁|ご縁を手繰り寄せるように生きる道を選ぶ

この記事は約3分で読めます。

僕が移住をしようと決めている地、
九州の阿蘇。

僕が実現したい半農半Xなライフ
スタイルができる場所は、日本中に
沢山あります。

その中でも阿蘇を選ぼうとしてるのは、
ご縁を大切にする僕の生き方からでした。

阿蘇の地との出会い

阿蘇って、2015年8月に初めてツアーで
通ったのが最初のご縁。

ツアーの大まかなルートは、別府→湯布院→
高千穂峡→熊本(城)というものだった。

高千穂峡に行きたかっただけだったので、
それができるツアーなら何でも良かった。
僕の中で、高千穂以外は、完全にオマケの
位置付けでした。

そのツアーで、高千穂峡から熊本市街に
抜ける時に、阿蘇のカルデラ内を通った。

それが、僕と阿蘇の出会いでした。

オマケの筈が、後に本命だったことに
気づいていくんです。

心が叫んだ

8月20日、カルデラの北側を走る、通称
「ミルクロード」に差し掛かった時、
バスの車窓から見える風景を見ていた時、
思いがけない体験をします。

僕の心が「ここに住みたい」って、突然
叫んだのです

自分でも一瞬戸惑いながらも、その時は、
現実的じゃないよねって、その叫びは
無視することにしました。

当時は、その「叫び」が持つ価値や意味を
分かってなかったんですよね。

とは言え、当時の僕はサラリーマンとして
生きていくことしか頭に無かったので、
致し方なし。

その後、阿蘇での体験のことは、もう忘れ
去られてしまったかのようでした。

決意と共に阿蘇が戻ってくる

そのピッタリ4年後の8月19日。

長野の小布施に滞在中のことです。

そこでの体験をきっかけに、
「やっぱり、農的暮らしをしたい!!」
って強く考えるようになった。

「でも、どこで?」

その時に、先ほどの阿蘇での記憶が
蘇ってきたんです。

「どこでも良いんだから、とりあえず
 阿蘇にしよう」

そんな軽い気持ちだったんですけどね。

そしたら、その僅か数日後に、僕が
実現したいようなライフスタイルを
実現している人たちが、なんと阿蘇に
いることが偶然分かって。

あれよあれよと、その方達と繋がることに。

ちなみに、そういう人たちって、どんな
地域にでもいるわけじゃないんです。

実際、奥多摩では出会えなかった。しかも、
僕にとって馴染みのあるトランジション・
タウン活動に関わる方だったということも、
ご縁を感じさせます。

ご縁を手繰り寄せる

本当にご縁て不思議。

人とのご縁。

土地とのご縁。

タイミングのご縁。

こういったものが幾重にも織り重なって
1枚の美しい布ができあがっていく

それが人生なんだなって考えるわけです

そんな不思議な働きである、ご縁という
システムを活用して、まるで手繰り寄せる
かのようにして、人生を紡いていくのが
僕の生き方です。

あわせて読みたい

最後に

僕が移住先に選んでいる阿蘇との出会いに
ついて書きました。

先ほども書いたけど、5年前の時点では
農的暮らしについては、あまり考えては
いませんでした。

阿蘇は、僕に農的暮らしという「ご縁」が
揃うまで保留にされてたんですね。

その意味では、現時点でまだ阿蘇に移住が
できてないのは、まだ何かの「ご縁」が
揃ってないのかもしれませんね。

心当たりは無いけど、そのあたりも楽しみに
しながら、その時を迎えようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました