直感/直観という非合理な選択が人生を導いてくれる

風見鶏

誰にでも訪れる人生の岐路。

そこに立ったとき、僕は、直感/直観と言われるようなものであったり、「人生の流れ」と呼んでいるものから選択するようにしています。

一見、非合理な方法で、一般的には推奨されていないため、ある種、実験的な感覚で取り組んでいます。

(単に合理的に考えることが下手なだけ、という噂もあるけど。)

そんな実験ですが、今のところ上手くいっています。

非合理な選択の結果、どのような変化が待ち受けていたのか。その中の具体例のストーリーを今回はご紹介します。

それでは、いってみましょう。

目次

合理的な理由が見つからない移住

僕は2018年7月から2020年3月までの約20ヶ月、東京の奥多摩に住んでいました。

きっかけは、一つの直感から始まりました。

その辺りの詳しい経緯は、こちら↓↓の記事のほうに書いています。まだ最後まで書き終わってないのですが、奥多摩へ移住するまでの経緯は見て取れます。

奥多摩移住物語~内なる声とシンクロニシティに導かれて

ご存知の方も多いかも知れませんが、奥多摩は「東京の秘境」みたいに言われるほど、豊かな自然が溢れている地域。

僕が住んでいた場所は、駅は近くにあったけど、電車は1時間に2〜3本。

最寄りのスーパーまでは、電車を30分以上乗り継いで行かねばならないようなロケーションでした。

引越した頃の僕は、フリーランスになって1年ちょっと。ビジネスとしては、まだまだの状況でした。

「奥多摩は好きだけど仕事が無いから」と都心へ移っていく人が後を絶たない奥多摩に、敢えて拠点を移す。

そこに合理的な理由は、どうやっても見つかりませんでした。

社会的引きこもりになった結果

今だから言えるのですが、奥多摩に住んでいた期間は、僕にとっては、「社会的引きこもり」になったのでした。

表向きは個人事業主として社会との繋がりを保っていますが、実質的には、引きこもりと大差ない日々。

引きこもる中で起きていたのは、大きく次の2点です。

  • 自分を癒すこと
  • 自分を新たに構築し直すこと

(後ほど、それぞれを簡単に補足します。)

その結果、得られたのは次のような実感でした。

人生は、間違いなく持続可能なものである!!!

持続可能と理解して起きた変化

持続可能なものであると深く理解できたことで、どのような変化が起きたのでしょうか。

僕は、不安を強く感じやすいタイプです。

持続可能を悟ったことで、この不安から大幅に解放されました。

「もう、これで人生が終わってもいい」

大袈裟に見えるかも知れないけど、そう思えるくらいの達成感・満足感を感じる体験でした。

移住する前の僕には、全く考えの及ばないところに辿り着いてしまったのでした。

人生をエンターテイメントと思って

「人生、終わっても構わない」と思えたけど、それで人生が終わるわけは無いし笑、まだまだ生きようとしている自分も確かにいる。

これって不思議な感覚でした。僕にとって。

「それなら、人生をエンターテイメントとして楽しんでしまおう」

じゃあ、何がしたい?

不思議な感覚を味わいながらも、そうやって考えていったら、色んな夢や目標が湧いてくるようになったし、LINE公式アカウントを開設して、ブログなどではできないような発信をするようになりました。

このタイミングが、星占いの“風の時代”の始まりと、ほぼ時を同じくすることになったのも興味深いです。

「引きこもり」がもたらしたもの

奥多摩に「引きこもる」中で起きていたことについて、ここで簡単にではあるけど、詳しくご紹介します。

自分を癒すこと

心身共に疲弊していた自分を、自然の力を借りて癒すことでした。

特に30代後半での体験で尾を引いていたところです。

離婚を経験しましたし、資格を取るために勉強漬けだったことや、資格を取ってから入った職場での体験(肉体的にも精神的にも、僕にとっては、辛く厳しい職場でした。)などからくるものです。

そんな疲れや、心理学的に言えば“シャドー”と向き合っていました。

自分を新たに構築し直すこと

引きこもっていたとは言え、今思えば、とても大切な出会いも奥多摩時代に沢山ありました。

そこに刺激を受けながら、自分に合わない生き方をしてしまった30代の反省を活かして、ここからどうしていくべきか。

自分にはどんな価値観があるのか、どんな生き方が合っているのかについてです。

LINE公式アカウントで主に扱っている「自分のど真ん中を生きる」という、今の僕のキーワードについても深めたりしていました。

関連記事

▼今回と同じような内容の記事です。

あわせて読みたい
ああ、ようやく個人事業主のスタートラインに立ったのかなぁ|これまでの4年弱の意味を振り返る〜いつ...
ああ、ようやく個人事業主のスタートラインに立ったのかなぁ|これまでの4年弱の意味を振り返る〜いつ...もうすぐで、個人事業主になって4年です。僕のように、元々会社員だったところから独立して事業を始める。そういう方はそれなりにいらっしゃるにしても、その歩みは千...

▼僕のLINE公式アカウントの登録はこちらからどうぞ。

らいおんアート/松本哲明ウェブサイト
ご案内|LINE公式アカウント〜自分のど真ん中を生きるラボ | らいおんアート/松本哲明ウェブサイト
ご案内|LINE公式アカウント〜自分のど真ん中を生きるラボ | らいおんアート/松本哲明ウェブサイト僕(松本哲明)のLINE公式アカウントのご案内です。 ここだけのディープなお話しやLINE限定キャンペーンを開催していく予定です。 少しでも興味が湧いたなら、今すぐご登録...

▼「ど真ん中を生きる」ということについて。

あわせて読みたい
回転寿司人生を歩もう!|「自分のど真ん中を生きる」すゝめ〜僕自身の体験から、今の時代を楽に面白く...
回転寿司人生を歩もう!|「自分のど真ん中を生きる」すゝめ〜僕自身の体験から、今の時代を楽に面白く...僕は、LINE公式アカウントで「自分のど真ん中を生きる」ことを提唱する発信をしています。ど真ん中を生き始めると、例えてみれば、人生が「回転寿司」のように、好きな...

▼直感と直観の違いについて考察した記事。

あわせて読みたい
直感と直観、その違いについて
直感と直観、その違いについて直感と直観。どちらも「チョッカン」と読みますし、理論的な方法で考え出したものではないという点で共通しています。それ故に、その違いは分かりにくいかもしれません...

まとめ

人生の岐路に差し掛かったとき、直感や人生の流れに従うという、ある種の非合理な選択をすることで、自分には見えていなかったピースを手に入れることに繋がる体験を書きました。

社会的引きこもり期を経て、少しずつだけど、ようやく個人事業主らしい動き方ができるようになってきました。

奥多摩にいる当時は、自分のビジネスが前に進む手応えが無いことに、苛立ちや疑問を感じたりもしましたが、本当の(隠された)目的はそれでは無かったのだから、当然のことですよね。

想いはどうあれ、本当の願いというのは、常に実現しているだと感じます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる