2019年を振り返る

この記事は約11分で読めます。

改めて、今年2019年を振り返ってみました。

全体としては、この1年が何年分にも感じられる
充実した年だったなと思っています。

今回は、月ごとに振り返って綴ります。

1月/新年の新しい風を感じた

今年の年明けは、1年の幕開けに相応しい雰囲気を
味わい、新しい1年に希望を抱かせてもらえました。
実際、充実した年になったと思います。

今年の目標を綴っていました。我ながら笑えるのは、
定性的な目標ばかりで、定量的な目標が無いこと。
これでは、目標が達成できたのかどうか、今一つ、
判別しにくい。

その中でも興味深いのが、これを綴っている今、
意識している目標を、年初にも書いていることです。

「成長が無かったのか」とも思いますが、当時とは
全く違う深さで、このことを見れている感覚も。
これは、僕の中でも主要なテーマであり、螺旋構造を
取りながら進んでいるのでしょう。

出来事として大きかったのは勤労奉仕に参加したこと。
当時の天皇にお目にかかることは、叶いませんでした。
残念ながら。
でも、この時の出会った人々が、今年を
大きく左右してくれたと感じています。

久しぶりに読んだ『聖なる予言』も、凄いインパクトを
与えてくれましたし。

2月/節目となるヴィパッサナー瞑想

2月は激震の月になりました。

ヴィパッサナー瞑想に参加したことと、それに先立ち、
ブログの連続更新を617日でストップ。

恩師の一人である紅茶研究家の磯淵氏の急逝。

ヴィパッサナー瞑想の10日間は正に修行で、かなり
シンドイ時間でした。しかし、それによって得たのは、
心の奥底に横たわる凝り固まったモノが解けたこと。

そして、ライスワークを手放す決意が固まりました。
これは大きかった。

激震の中で、愛というものを意識し始めたタイミングでした。

3月/奥多摩移住の意味を知る

この月は、忘れられない強烈な体験がありました。
それによって、奥多摩に移住することになった目的や
意図が明確になったからです。

正に点が線になる体験です。

移住に向けて動き出した頃から、本当に様々な悲喜交々
がありましたが、「全ては、この為だったのか!」と、
感動もひとしおでした。

その後、開発することになった、僕のオリジナルである
「統合セッション」は、この体験が無ければ、日の目を
見ることはありませんでした。

また、この出来事に呼応するかのように、「直観の
インテリジェンス」というオンラインセミナーが
始まりました。

また、Twitterを開始したのも3月です。

ちなみに、つい先日、やっとフォロワーが3桁に
なりました。我ながら、ノンビリです。

4月/改元前夜

4月は、令和改元の前夜ということで、新しい時代を、
より良い形で迎えようという動きが、僕の周りでは
盛んでした。

僕自身も、仲間と奥多摩にある御嶽神社の宿坊に
泊まって滝行やドラムジャーニーをして、新しい
時代のビジョンを受け取ろうというリトリート型の
イベントを開催しました。

また、詳細は書きませんが、コーチングなどの
メインの活動の他に、ライフワークで取り組んでいる
探求があります。そちらでの深まりがありました。

5月/集合意識を実感

令和への改元のあった5月。

僕は、生来の性格的には、不安が強いタイプです。
特に明確な理由が無くても不安を感じてしまいます。

この頃は、その理由の無い不安感が強く出ていました。
ライスワークを手放して収入が不安定になったことが
背景には大きくあったと思いますが。

5月はファミリーコンステレーションというワークに
立て続けに参加することがありました。そのお陰で
集合無意識の質感を体感で知ることができました。

余談ですが、「三方よし」という言葉がありますね。
この三方よしは集合無意識の世界では普通のこと
なんですよね。それ以外あり得ない。現実的には、
わざわざ意識する必要があるから「三方よし」という
言葉が生まれているわけですが。集合無意識の働きを
活用すれば、自ずと三方よしな状況が訪れます。

5月は、多拠点生活を意図し始めた頃でもありました。
実際は多拠点というより旅が多い年になりました。
毎月のように飛行機で旅をするとか、今までの僕の
人生では考えられなかったことです。

6月/旅をすると現実が動く

6月は、出来事としては、あまり動きはありませんでした。

でも、前月に多拠点を意識してみて、改めて感じたのは、
旅をすると、現実が動くことです。例えば、6月は
僕の今の生き方に繋がるきっかけになった榎本英剛さんの
主催するワークショップのアシスタントをさせていただく
ことがあったのですが、その話が決まったは旅先ででした。

そういえば、直観のインテリジェンスというオンライン
セミナーも旅先で決まりました。旅を「余暇」として
捉えるだけではなく、「魂の移動」の象徴として捉えると、
旅が現実を動かすきっかけになることに繋がるようです。

7月/次の流れの予感

この7月で、奥多摩に移住して1周年になりましたが、
この頃から、既に次の移住を意識し始めめています。

奥多摩移住前から、奥多摩は長くても2〜3年という
予感はあったのですが、それよりも前倒しになった
印象でした。しかし、この時点では沖縄が候補地として
挙がっていただけでした。

久しぶりにコーチと契約し、コーチングを受けることを
再開しました。新しいコーチと。

富士山の麓で開催されたキッズ・リーダーシップ・
キャンプというイベントにスタッフとして参加しました。
1月の勤労奉仕のご縁からのジョインでした。

8月/扉が開いた!

8月の大きな出来事は、やはり長野の小布施に
旅行したことです。これを契機に大きく二つの
事が起きてきました。

一つ目は、阿蘇との出会いに繋がることです。
小布施では、とある古民家に滞在したのですが、
その空間での時間の流れ方に響くものがあり、
この数年、後回しにしていた半農半Xのライフ
スタイル実現に向けての想いが再燃。

その直後に阿蘇と繋がっています。

もう一つは体調の変化。それをきっかけに、
食生活を大きく見直すことになりました。
以来、続けているのが月に2回、満月と新月の
日にやっている断食です。

この体調の変化には、最初はかなり戸惑いましたが、
内面的な進化をもたらしてもくれました。

この頃『インテグラル理論』という本を読みました。
今年読んだ本の中でも1、2を争うインパクトを
与えてくれた本です。

「統合セッション」と呼んでいる僕のオリジナルの
個人セッションが始まったのも、この頃です。

それと、忘れてはならないのは、ブログを今の所に
引っ越しています。これも、新しい扉を象徴する
ような出来事だったかもしれません。

9月/油断期に入る

この頃から、今、改めて振り返ると、油断期に
入っていたなと思い返しています。7月頃から
続いていた良い流れが9月中旬まで続きました。

そのことに妙に順調すぎると違和感も感じつつも、
どこか浮ついていたと思います。反省です。

この頃、SNSやブログなどで、HSPに関する発信が
増えました。一定の評価をいただけたことは嬉しかったです。

10月/台風直撃

10月の大きなニュースは、やはり台風19号が
首都圏を直撃したこと。そして、それに伴って、
我が家の断水を体験したことです。

また、奥多摩も登山道や多摩川沿いの遊歩道などが
大きなダメージを受けました。

断水の体験から、ライフラインの意外な脆さを痛感し、
もっと自然と調和のとれたライフスタイルに思いを
致すようになりました。

また奥多摩の遊歩道などが思うように使えなくなった
ことも重なり、移住を更に強く意識するようになりました。

ある地域コミュニティの立ち上げに関わり始めました。
今もコンサル的に関わっています。

春先から毎月開催してきた「ギフトに生きるワークショップ」
の最終回がありました。これで僕の手を離れ、次の方が
引き継いで、更に広がりを見せています。

11月/阿蘇滞在

11月は、何と言っても阿蘇に短期移住してきた
ことです。3週間も滞在させていただけたので、
思い残すことの無い、充実した滞在になりました。

半農半Xやトランジション・タウン活動に基づく
コミュニティ作り、地域通貨など。

また薪のある生活を目の当たりにして、そのゆったりと
した時間の流れの豊かさが印象に残っています。

10月の台風からの騒動で感じた自然との調和した
ライフスタイルについても、その理想型の一つを
目の当たりにさせてもらえましたし。

榎本英剛さんの「天職創造セミナー」でアシスタントを
努めさせていただきました。

2016年の9月に、同セミナーを受けたのをきっかけに、
僕の人生は大きく舵を切ることになりました。
6月に続き、彼のワークショップのアシスタントを
させていただけたのは、僕にとって掛け替えのない
体験になりました。

この頃『ザ・メンタルモデル』を読み始めました。
この本も、今年、『インテグラル理論』に並んで、
僕に多大なインパクトを与えてくれた本になりました。

12月/本当に欲しいものは?

これを書いている時点で、まだ12月が終わってませんし、
最近のこと過ぎて、ブログにできるほど消化できていない
ところがあります。

その中で書けるとしたら、自分のテーマ観の変化でしょうか。

改めて、もっと自分との繋がりを強め、本当に自分が人生に
欲しいものは何か?という問いに向き合い始めたことです。
良い意味でエゴを持とうというか。今年の年明けに持った
目標と似た質感であることも興味深いです。

その一環という意図は持っていませんでしたが、人生初の
署名活動をすることになったことは、この思いに
図らずもシンクロしていたと感じています。

最後に

間も無く終わる2019年を振り返りました。

こうやって1年を俯瞰することで、今、起きてきている
動きの流れを見て取ることができました。オリジナルの
「統合セッション」の流れは、我ながら感ずるところが
大きいです。

あと、自分のブログを読み返してみて、我ながら良いこと
書いてるなぁと自画自賛したり笑

もし、最も大きな契機は?と問われるとすれば、やはり
2月のヴィパッサナー瞑想への参加でしょう。

あれで流れが大きく変わりました。

というわけで、この1年も、お付き合いくださいまして、
有り難うございました。これをお読みの皆さんに新しい
1年が豊かさに溢れますよう祈念しつつ。

来年もよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました