松葉酵素ジュースを仕込んでみました|作り方もご紹介

この記事は約3分で読めます。

友人が松葉酵素ソーダ水の作り方を
教えてくれた。

松本という家に生まれたのに、試さない
訳にはいかない!笑
と思い、作ってみました。

松葉の入手に苦労した

作り方を知ってから気が付いたのですが、
松葉が意外に手に入れづらかった。

改めて松の木を見上げると、葉っぱは
比較的高いところにつけているからです。

時々、手の届く高さに葉をつけている
松の木を時々見つけても、それは大抵、
人様のお宅のお庭に。

流石に手は伸ばせない。。。

そんな折、我が家の庭に植っている
高さ5m以上はある松の木の巨木を剪定する
ことになった。

そこで、植木屋さんに頼んで、葉のついた
枝を少し残しておいてもらい、ようやく
入手することができました。

材料

松葉:適量

お湯:作りたい量

砂糖:お湯に対して3%以上
(1リットルに30g)

炭酸用の空きペットボトル

今回は家にあった素焚糖というのを使用。

砂糖の量は少々アバウトでも大丈夫ですが、
砂糖が酵素の餌になるので、少ないと発酵も
弱くなるので注意。

作り方

松葉をサッと洗い水気を取る。
(キレイだったらそのまま軽く拭くだけでも可)

一本一本バラして付け根の黒いところを取る。

葉をペットボトルの中にびっしりと入れる。

お湯を沸かし砂糖を溶かす。

砂糖が溶け、冷めたらペットボトルに注ぎ入れる。

蓋をして、日当たりの良い場所に2〜3日置く。

蓋を少し緩めた時にプシュってガスが抜ける
ようになったら出来上がり。

曇りがちのときは4〜5日必要かも。

仕込んだ頃は、梅雨の真っ只中で、十分な
日差しはなかったので、4〜5日かかりました。

段々と泡が立ち始める

飲んでの感想

味は、微炭酸で、ちょっと言葉では表現が
難しいけど独特なフレッシュ感がある。

クセがあると言えばあるが、全体としては
サッパリしていて美味しい。

ゴクゴクと飲める感じではないので、逆に、
毎日少しずつ飲んでいくのがやりやすいし、
そのほうが体にも良いかもしれない。

松に含まれるターペンタインが血液の浄化を
してくれると、レシピを教えてくれた友人は
語っていた。

少し黄色味がかって白濁する

注意点

蓋を開ける時に油断していると、
吹きこぼれてしまうので注意。

僕もやったのだけど、それでコップ
1杯分くらい無駄に。。。

しばらく忘れてたりして無防備に開けて、
天井まで吹き上げるとかもあるそうだ。

容器はペットボトルでなくても良いけど、
一升瓶でやる時は、フタが飛ぶこともある
ので、蓋の上からビニールかけて輪ゴムで
とめると良い。

ご紹介

最後に

松葉酵素ソーダ水の作り方を教えて
もらったので、自分でも作ってみました。

松葉をボトルに詰め込むとか、それなりに
時間がかかる地味な作業ではあるけど、
特別なコツも必要なく簡単に作れます。

松葉が手に入ったら、ぜひお試しを!

しかし、日本には、酵素や菌などの力を
活かした食文化が、まだまだ埋もれて
いるんだなぁと改めて感じますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました